Mmarmaladesky’s diary

マーマレードスカイ 車の記事を中心に書いています

□日産(Infiniti)

駐車場で目撃された次期フェアレディZの映像

デビューは8月17日 フェアレディZの動画はこちら デビューは8月17日 アメリカのアリゾナ州で2台のフェアレディZのテスト車両が目撃されています。1台の姿は確認できますが、もう1台にはカバーが掛けられています。 残念ながら、走行中の車両ではなく、2台と…

日産 新型フェアレディZ 8月17日デビュー 日本での発売は?

ニューヨークで8月17日デビューすると発表 価格もまだ未定 日本での価格は現行モデルよりも高くなる? ニューヨークで8月17日デビューすると発表 日産の新型フェアレディZをニューヨークにおいて8月17日にデビューさせると日産が発表しました。 今のところ市…

日産 スカイラインの開発を中止 これでスカイラインGT-Rとしての復活の希望は絶たれてしまった

日産ファンとしてはかなりショッキングな事だ そもそもスカイラインクーペは日本で久しく販売されていない 日産の広報からは詳しく語られていない 日産には頑張って欲しいところだが・・・ 日産ファンとしてはかなりショッキングな事だ 日産がスカイラインを…

日産新型フェアレディZは11月15日注文受付開始か

以前の発売予定時期の情報と一致する 路上でのテスト車両も目撃されている 価格はまだ発表されていない 以前の発売予定時期の情報と一致する あくまでも現時点では噂でしかありませんが、以前、日産が2021年後半の発売を狙っているという情報とも一致してい…

次期フェアレディZがアメリカの公道を走る

公道テストでは無いようだ 発売前の車両が自走でイベント会場へ? フェアレディZプロトタイプが公道を走行する動画はこちら! 公道テストでは無いようだ アメリカの公道で、発売前の日産フェアレディZが走行している姿が目撃されて、動画に収められています。…

2022日産GT-Rニスモスペシャルエディション

日産GT-R NISMO Special Edition発表 今後GT-Rはどうなるのか 新しいボデーカラーを設定 価格の発表は夏 発売は今年の秋から 直近のGT-R NISMOより確実に高額になるはず 日産GT-R NISMO Special Editionの専用装備 日産GT-R NISMO Special Editionの動画はこ…

次期フェアレディーZ 搬出時の画像が流出

このまま販売されそうな完成度 インスタグラムには動画も インスタグラムに投稿された動画はこちら 日産フェアレディーZプロトタイプの動画はこちら! このまま販売されそうな完成度 インスタグラムに工場からの搬出時のものと思われる次期フェアレディーZの…

日産370Zオフローダー Z-Adventure

日産370Zのオフロード仕様 こういったカスタムは大好きだ ナンバープレートが取り付けられた画像 日産370Zのオフロード仕様 東京オートサロンで出展予定だった横浜ゴムのZ34フェアレディーZ。 この車両は、日産自動車のスポーツカー「フェアレディZ」とSUV・…

予算300万円で購入可能な中古車

300万円で購入可能な現行の中古プレミアムセダン 新車の価格が高騰している昨今、普通車にちょっとしたオプションを装着しただけで300万をこえることが当たり前となっています。 それに対してプレミアムセダンは新車でおよそ500万円からといった感じが一般的…

日産スカイラインHARDCORE Body Kit ヴァーチャルカスタム

日産スカイラインGT-R(BNR34)のヴァーチャルカスタム R34GT-Rのブリスターフェンダーがさらにワイドになっていることが、新造されたフロントライトの外側のダクトからも確認することができます。かつて限定生産されたNISMO Z-tuneを彷彿させるような感じで…

一般人はスーパーカーを購入できるのか

スーパーカーの定義がそもそもあやふやですし、新車なのか中古なのかにもよると思います。 よく、ローンの審査が通ればスーパーカーを購入することは可能と言われていますが、そもそも一般人は大きな金額のローン審査に通りません。

ダッドサン240Zサファリに着想を得た370Z

レーシングドライバーのクリス・フォシュベリ氏が出演して、370Zの詳細を語る動画となっています。240Zsへのオマージュとして製作された370Z。 元となった240Zの機能美がそのままこの370Zに引き継がれていることに気が付くと思います。黒いフード、ラリーラ…

スカイラインGT-RのBCNR33にだけ"C"が入る理由とは?

すっかり旧世代の車となってしまった第2世代のGT-R。まだまだ人気がある車種で、価格が高騰しているこの世代のGT-Rですが、R32、R33、R34のこの第2世代のGT-Rの中でR33GT-RだけがBCNRというコードが採用されています。(32と34はBNR) R33GT-Rについて R33GT…

NISMOが日産スカイラインGT-Rのレストアサービスを開始

NISMOは『スカイラインGT-R』のレストア事業「NISMO restored car(ニスモ レストアド カー)」を開始すると発表しました。対象となるモデルは、R32GT-R(BNR32)、R33GT-R(BCNR33)、R34GT-R(BNR34)。 NISMO restored carは、スカイラインGT-Rでのレース…

これは精巧に作られた偽物です!カウンタックのレプリカがカッコいい

このカウンタックにマルボロカラーという奇妙な組み合わせ。 実は、このカウンタックはレプリカ。 これを製作したのはタイの俳優ビーム氏。 車両前方部はヒュンダイ(車種不明)が使用されており、後方部はカスタムメイド。 ドライバーの後方に収まるエンジ…

日産Z Prototypeのオフローダー

もちろん、レンダリング画像ですが、この写真を見ると、こういった仕様もありなのではないかと感じてしまいます。 かつてはラリーにも参戦したフェアレディZ。また、次期フェアレディZはSUVで登場かなどと一時期囁かれていたので、そういった事を思いながら…

3台で合計2,600馬力のドラッグレース

BMW M5コンペティションと日産GT-R、それからドゥカティV4R。 MWM5コンペティションは、800馬力(597キロワット)と950Nmのトルクを発生させます。 この出力にも驚かせられますが、GT-Rはなんと4.1リッターにボアアップされ、さらにM5の2倍の出力の1,600馬力…

フェアレディZプロトタイプが公開

フェアレディZ プロトタイプがついに公開されましたね。 こういった経済情勢でもスポーツカーを出してくれるのはとてもうれしい事です。 サイドビューは現行モデルよりもずっとスマートになったのではないかと思われます。 正面から見た感じは、思っていたよ…

Nissan Z Protoの新たなティザー映像を公開

日産自動車が、9月16日にデジタルワールドプレミアするNissan Z Protoの新たなティザー映像を9月7日に公開しました。 Zプロトは、もちろん、次期『フェアレディZ』のプロトタイプという位置付け。 日産のアナウンスによれば、50年の情熱と伝統を現代のテクノ…

フェアレディZ プロトタイプ 9月16日公開

米国日産は9月1日、次期フェアレディZプロトタイプを現地時間で9月15日火曜日午後7時30分(日本時間16日9時30分)に発表する、と公表しました。 フロントに続き、リアのデザインについても明らかになってきました。 現行型からの正常進化と、過去のZのオマ…

日産の新しいCMについて思うこと

新しい日産のCMが公開されて思ったことは、『このCMちょっといいかも』ということ。 日産にも木村拓哉にも色々言いたい事が多い人が多いと思う。 この両者、絶頂期よりは随分落ちてしまったなという印象が強いのではないかと個人的には思っています。それは…

日産GT-Rに50周年記念車登場

日産自動車は『GT-R』と『GT-R NISMO』の2020年モデルを発表。また、生誕50周年を記念した特別仕様車『50th Anniversary』を設定しました。

1月の日本車販売台数に変化あり

日産がトヨタの牙城を崩して、普通乗用車月間販売台数1位と2位を『ノート』と『セレナ』が獲得しました。

日産ノート 昨年の普通乗用車販売台数1位を獲得

日産のノートが昨年の普通車国内販売台数の首位を獲得。 昨年はゴーンショックや点検の不備等、良くない意味で様々なニュースが多かった日産ですが、ノートの売り上げは好調だったようです。

日産のCEOが逮捕されて気になるのは次期GT-R

日産のCEOが逮捕され、僕らに関係があるのは株価の行方ぐらいのものですが、その他にももうひとつ気になることが。それは、次期GT-Rが販売されるのかどうかという事。もしも次期GT-Rが出ないのであれば、35GT-Rを購入しようかと思ったり。

Nissan GT-R MY2019発表

日産自動車の米国部門は12月5日、『GT-R』(Nissan GT-R)の2019年モデルを発表しました。

日産がSEMAショーにZ34のチューニング車両を展示

日産は、アメリカで開催されるSEMAショー2018に『Project Clubsport 23』というZ34を展示するとの事です。エンジンは、400馬力を発生させるVR30DDTTに換装され、マフラーもリアのナンバープレートの側に2本出しで装着されるという本格的なもの。 なんとなく…

日産 GT-R50 by イタルデザイン ボンネットとトランクリッドの開き方が想像と違った

日産公式イベントとしては日本で初めて公開された日産『GT-R50 byイタルデザイン』ですが、このトランクの開き方が想像と違っていました。

インフィニティ プロジェクト・ブラックSプロトタイプ

インフィニティは、F1の技術を投入したプロジェクト・ブラックSプロトタイプを公開しました。 直噴3.0リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンには、独自のエネルギー回収システム「ERS」を採用しています。

Nissan GT-R50 by Italdesign 代官山T-SITE(蔦屋書店)で展示予定

「Nissan GT-R50 by Italdesign」が、2018年9月23日7~10時に、東京都渋谷区猿楽町にある代官山T-SITE(蔦屋書店)で展示され、一般公開される予定とのこと。 お近くの方は出かけてみてはいかがでしょうか。 イベントの概要は以下の通り、【日程】9月23日(日…