Mmarmaladesky’s diary

マーマレードスカイ 車の記事を中心に書いています

スイス「停電時にはEV使用を控えるべき」

EVの普及は生産性を低下させる?

現在の電力供給状況では、世界的に見ても全ての車両がEVに置き換わった場合に電力が足りないことは明らかです。世界的な燃料供給の不安定さ、特に深刻な状況が続く欧州では、それが顕著なものとなっています。

現場ではEV普及がさらに電力不足の状況を招く可能性があり、そうなってしまうと、生産性が低下する可能性もあるのではないでしょうか。

EVの買い控えにも

スイスでは、電力不足に起因する停電という緊急事態時の対応策の草案が発表されました。この草案の中で、緊急事態が第3段階まで進んだ場合には、多くの電力利用が制限、もしくは禁止されると記されています。この中で、EVの使用が制限されるということになります。

実際に第3段階まで進むとEVが使用できなくなることは起こると思われ、そうなった場合にも走行可能なガソリンエンジン車の方が利便性が高いということはあるかもしれません。

しかし、実際にスイスで緊急事態が第3段階まで進むということは紛争等以外にはあまり考えられないということです。スイスは電力の62%を水力発電、29%を原子力発電で賄っているため、化石燃料を使用しなくても90%の発電量を確保できる現状となっています(実際にはスイスは原子力発電所を段階的に廃止しようとしていますが)。

 

次期トヨタC-HRを予告するC-HR プロローグを公開

ヘッドライトはやはりプリウス風に

初代のC-HRはコンセプトモデルをそのまま発売した様なトヨタにしては革新的なデザインの車両といった印象を当時感じました。従来のスタイルの車両とは対照的に、既存の枠にとらわれずに、大胆なデザインをリリースできることを世界に示したモデルと思わせたことはトヨタにとってプラスだったのではないかと考えます。

第2世代のコンセプトモデルはこのまま市販されることは流石にないと思いますが、フロントフェイスは最近のトヨタのヘッドライトのデザインを踏襲していることが確認できます。

プラグインハイブリッドモデルも計画

このコンセプトモデルには、特大のホイールが装着されていますが、市販車ではここまで大きなホイールは装着されたなと思われます。また、ハンドルがポップアップ式、ドアミラーの代わりにカメラが採用されていますが、この辺りは、車格的に考えると採用されない可能性が高いと思われます。

そんな中でも現実的なのはプラグインハイブリッドのグレードが設定されるということ。プリウスプラグインハイブリッドモデルが設定され、C-HR自体がプリウスSUV版とも語られる事があるので、当然の流れと思われます。

プリウスとの競合について考える

今回のモデルチェンジで第4世代よりもデザイン的に評価が高いものとなった新型のプリウスC-HR販売時にはプリウスのデザインがあまり良くなかったためC-HRに流れた人が多かったためC-HRの販売台数が高かったと言われる事がありますが、今回はC-HRのある種のライバルであるプリウスのデザインの評価が高いだけに、現行のC-HR販売時の様に人気が高くなるかはわかりません。

しかし、デザイン的に評価されている新型プリウスと共通したデザインコンセプトでC-HRが登場すれば、次期型の人気も高くなると感じます。

 

GRカローラRZの抽選販売受付開始

まずは限定500台の販売

GRカローラRZとGRカローラRZ "MORIZO Editionの抽選申し込み受け付けが開始されました。事前の人気が高い車種という事があり、高い倍率となることが予想されます。

抽選申込の予約はGRカローラRZが12月19日まで、GRカローラRZモリゾウエディションが12月18日までとなっています。

スペック

パワーユニットはGRヤリスに搭載される1.6リッター3気筒G16E-GTSエンジンをベースに強化されたエンジンで、最高出力304PS、最大トルク370Nm(最大トルクはベースのエンジンと同様)、モリゾウエディションについては400Nmを発生。そのパワーはGRヤリス同様、4輪へと伝えられます。

今回GRカローラRZに搭載されるスポーツ4WDシステムのGR-FOURもGRヤリスと同様の仕様の様ですが水素エンジンを搭載したカローラの開発で得たノウハウにより、GRカローラRZに最適化されているとの事です。

ボディーのベースは当然カローラ スポーツということになります。GRヤリスと比べ、ロングホイールベースとなっていることから走行の安定性がその分あります。また、ワイドトレッド化による旋回性能の向上も追求しています。

普段使いが可能なGRカローラRZに対し、モリゾウエディションはリアシートを廃し、2シーター化されています。また6速トランスミッションのギア比についても変更され、モリゾウエディション用に最適化がされています。

価格と増産の見込みについて

発表当初は一般販売とされていたGRカローラRZだけに、トヨタでは今後の生産状況を見ながら追加販売を検討していく考えとの事ですが、半導体不足の解消目処が立たなければそういった追加販売も期待できないかもしれません。購入について迷っている方は、抽選に申し込んでおいた方が良さそうです。

GRカローラRZは525万円で500台の限定販売、GRカローラRZモリゾウエディションは715万円で70台の限定販売が予定されています。また、販売開始時期は発売は2023年の初めが予定されています。

 

ランボルギーニ ウラカンステラートが正式デビュー

ランボルギーニ最後の純粋なエンジンカーはオフロード

ウルスの登場によりランボルギーニはオフロード車両のイメージも広く持たれるものとなりましたが、ランボルギーニと言えばやはりオンロードを走行するスーパーカーを販売するメーカーのイメージが一般的ではないかと感じます。

オフロードも走れるスーパーカーと言うのは確かに革新的で面白い試みですが、それがランボルギーニにとって最後の純粋な内燃エンジンのみで駆動するスーパーカーであるというのが少し残念な気がします。もちろん、今後も内燃エンジンが搭載されたスーパーカーランボルギーニから販売される予定となっていますが、それは少なからずエレクトリック化された車両という事になります。

スペック

事前にウェブ上で公開されている情報のとおり、車高が上げられているだけではなく、全幅もわずかに広くなっています。

オフロード走行も考えられたタイヤはこの車両のために特別に作られたブリヂストン製のデュエラーAT002オールテレーンフラットタイヤが装着されています。

パワーユニットはウラカン同様5.2リッターV型10気筒自然吸気エンジンを搭載。最高出力602馬力(449kW)、最大トルク560Nmを発生。7速デュアルクラッチトランスミッションを介して、当然4輪全てにそのパワーが伝えられることとなります。

0-100km/h加速は、オンロードの様なグリップが充分に得られる環境で3.4秒。通常モデルのウラカンと比較すると流石に加速力は劣りますが、それでも普通に考えれば十分に速いものとなっています。

 

デトマソP900デビュー

サーキット専用車両としてデビュー

サーキット専用とする事で、エレクトリック化を回避したデトマソP900。パワーユニットにはV型12気筒エンジンが採用されていますが、このエンジンの重量は220kgと発表されており、V型12気筒エンジンにしては軽量に仕上げられている様です。

回転数のレッドラインは12,300rpmとなっており、これはゴードンマレーT.500に搭載されたコスワースV型12気筒エンジンよりも200rpm高く設定されています。

限定18台

乾燥重量900kgで900馬力を発生するとされるこのP900は、パワーウエイトレシオ1:1。ケーニグゼグONE:1と同様の数値となっています。そのパワーはすべて、Xtrac シーケンシャル ギアボックスを介してリア アクスルに送られます。

限定18台で生産されるこのP900の価格については300万ドルとの事です。