Mmarmaladesky’s diary

マーマレードスカイ 車の記事を中心に書いています

トヨタ ランドクルザーについて正式発表

f:id:JakeKizuki:20220123145621p:plain

納入まで約4年かかるとメーカーウェブサイトに掲載

昨年までは2年の納入期間を要すると記載されていましたが、現在は

「今からご注文いただく際の納期は4年程度となる場合がございます。」

という記載に改められています。

様々な要因が重なり合ってこれだけの納入期間がかかるという事は分かりますが、やはり購入する人からすれば、この4年という時間はかなり長く感じることでしょう。

僕も購入しようと思っていたのですが、あまりにも納入までの期間が長く諦めた者のひとりです。購入検討者のひとりが購入しなくても、トヨタにとっては特に問題ないくらいにバックオーダーを抱えていることにかわりはないわけです。

誰が注文をしているのか

ランドクルーザーはグローバル展開している車種なので、日本国内以外にもかなりの数のファンがいます。その世界中のランドクルーザーファンがオーダーを入れているため、このように納入期間が長いという状況になっている様です。そこにきて半導体不足ということも影響しているのでしょう。転売目的という人も少なからずいるのではないかと考えられます。転売についてはここで議論するつもりはありませんが、本当に欲しい人の手に届いて欲しいとは思います。

ここまで人気となっているのは、その価格にも魅力があるからなのかもしれません。日本車の中では高級SUVにカテゴライズされるランドクルーザーですが、エントリーモデルで本体価格510万円から設定されているため、かなりのバリュープライスと言えるでしょう。軽自動車でも200万円、普通車ならば300万円が一般的となってしまっている現在では、コストパフォーマンスがかなり高い車両となっているため、人気が出るのも納得です。

注文時の車両代についての支払いはどうなっているの

注文してから納入まで4年もあるという事は、支払いのタイミングはいつになるのかということが気になります。僕が実際にディーラーで確認した際は、納入のタイミングで支払いをするという回答でした。4年もあれば本体の値上げ等も考えられますが、現時点では注文時の価格が反映されるため、税金等を除いた金額については注文時と基本的に変更はないとの事です。

今後数年後に実際納入がされる頃になるとキャンセルが多く出そうですが、その際にタイミングが合えば購入を検討したいと考える1台です。

関連記事

marmaladesky.hatenadiary.jp

 

意外といいかも ポルシェタイカンクーペのレンダリング

f:id:JakeKizuki:20220111195454p:plain

実際に登場することはないと思うが

様々ボディタイプの車両を積極的に展開するポルシェ。そんなポルシェのタイカンを2ドアクーペにしたレンダリングがアーティストから公開されています。シューティングブレークもラインナップするポルシェタイカンですが、2ドアクーペをラインナップに加えることは無いと考えます。

2ドアEVクーペはタイカンが担うだろう

イカン2ドアクーペが無くてもケイマンEVならこういったスタイルになるかもしれないということはあり得るかもしれません。ポルシェにとって新たなデザインアイコンとなりつつあるタイカンのフロントフェイス。このライトが丸目2灯と並んでポルシェらしさを演出するデザインとなってきているのは間違いないと感じます。

 

フォーミュラEのセーフティカーとしてポルシェタイカンターボSが採用

f:id:JakeKizuki:20220119185634j:plain

来週の開幕戦でのデビューが決定

来週から始まるフォーミュラEの第8シーズンで新しいセーフティカーがラインナップに追加されます。フォーミュラEのセーフティーかーに相応しいポルシェタイカンターボSがセーフティーカーとして登場。このタイカンターボSは、サウジアラビアのディルイーヤで開催されるダブルヘッダーコンテストでデビューします。

トーマスローデンバッハは語る

f:id:JakeKizuki:20220119190724j:plain

ポルシェモータースポーツバイスプレジデントであるトーマスローデンバッハは、次のように述べています。

ポルシェは、必要なすべてのセーフティカーキットで仕上げられています。装備はロールケージ、消火器、バケットレーシングシート、6点式ハーネス。また、バンパーに埋め込まれたフラッシュライト、セーフティカー照明用のワイヤーハーネス、マレリロガーシステムが装備されます。インテリアの注目すべき変更点は、センターコンソールに4基並ぶスイッチとステアリングホイールに搭載された赤いボタンです。ノーマル然としたインテリアにこのスイッチとボタンが配置されるのは何とも不思議な組み合わせ。レーシングカーとも違う、何となくストリートで走り回るチューンドカーの様な雰囲気です。

f:id:JakeKizuki:20220119190730j:plain

f:id:JakeKizuki:20220119190717j:plain
f:id:JakeKizuki:20220119190937j:plain

f:id:JakeKizuki:20220119190735j:plain

スペックについてはセーフティーカーとして申し分無し

ターボSはトラック上のレースカーに追いつくのに何の問題もありません。タイカンは750馬力(560kW)を生成し、ローンチコントロールを使用して2.8秒で時速kmに到達することができます。最高速度は260km/hで、Gen 2 FormulaEレースカーよりもわずか20km/hばかり最高時速が低く抑えられているだけです。

 

アストンマーティンがSUVのティザーを公開

f:id:JakeKizuki:20220119175259p:plain

世界で最もパワフルな高級SUV

現在販売されているDBXよりさらにパワフルなSUVとして登場予定のモデル。現在はAMGからエンジンの供給を受けていますが、今後のDBXアストンマーティン独自のツインターボV12を搭載するのではないかと噂されています。

ティザー動画でも確認できるとおり、2月1日に公開されることとなるハイパワーバージョンの車両。どのメーカーでもハイパワー高級SUVに力を入れている現在、アストンマーティンはどれほどの車両を発表するのか気になるところです。

ティザー動画はこちら

 

ヘネシーヴェノムF5が時速400kmを達成

f:id:JakeKizuki:20220112193730j:plain

  • ヴェノムF5 まだまだテストは継続中
  • F5モードとは
  • ヘネシーヴェノムF5のスペック
  • 動画はこちら

ヴェノムF5 まだまだテストは継続中

ヘネシーヴェノムF5は昨年時速320kmを達成していますが、もちろんそれで納得がいくはずもなく、最高速テストを継続して実施しているようです。

今回、ヘネシーの発表によるとヴェノムF5は時速400kmに達することができたとのことです。また、ヴェノムF5のスペックをフルに解放できるF5モードのロックを解除すると宣言しています。

続きを読む