Mmarmaladesky’s diary

マーマレードスカイ 車の記事を中心に書いています

スバルBRZ試乗

f:id:JakeKizuki:20211020174443p:image

気になっていた新型BRZ

緊急事態宣言等の影響もあり、試乗するのは久しぶりでした。

何台か乗ってみたい車両はあるのですが、スポーツカーの中で一番手頃な価格帯の車両という事で、今回の試乗車を選択しました。今後登場する新型86も気になりますが、そちらは登場後改めて試乗をしてみたいと考えています。

BRZのグレードと価格について

グレードは2種類で、それぞれにMTとATが設定されています。Rが標準モデルで、Sが上級グレードになっています。

R 6MT 3,080,000円

R 6AT 3,245,000円

S 6MT 3,267,000円

S 6AT 3,432,000円

ATモデルはアイサイトが装備されているため、その価格の差がそのまま価格に反映されている事となります。

今回試乗した車両はフルオプションのMT車

f:id:JakeKizuki:20211020174503p:image

今回試乗したBRZSTiのオプションがエクステリア、インテリアとも多数取り付けられた車両。フルエアロを纏ったその車両は、40万円以上するリアウイングも装着され、シフトノブやエンジンスタートボタンもSti製のパーツが取り付けられていました。

様々な意見があるエクステリアデザインですが、個人的には先代よりも確実に格好良くなっていると感じました。若者が車にお金を掛けなくなった、または掛けるお金がないと言われている現在、2ドアクーペは以前より市場規模が縮小していますが、そんな中においても、こういったデザインで新型を出してくれたスバルは素晴らしいと思います。

なお、今回試乗したBRZのボディーカラーはスバルお馴染みのブルーだったので、真のスバル好きがそのまま購入しそうな仕様となっていました。日本車なので、いくらSTi製と言ってもひとつひとつのパーツは高額ではありませんが、その仕様での乗り出しだと、おそらく500万円は超えるものとおもわれます。

試乗で感じた点

今回のモデルチェンジで大きく変わったのは、やはりエンジンでしょう。排気量が2リッターから2.4リッターに拡大されています。パワーを出すためにはダウンサイジングターボが主流となっている中で、排気量を拡大したのは、スバルにとってターボは特別なものというのと、コストの面からできる限り価格を抑えるということを想像すれば、正当な進化なのでしょう。水平対抗エンジンにターボを付けることを選択しなかったことで、WRXの特別感を演出することができるという考え方もあるのかも知れません。

f:id:JakeKizuki:20211020174517p:image

さて、エンジンの排気量アップによって、低速の安定感は以前より確実に増しています。初めての車両ということもあり、発進時のクラッチの繋がる位置だけが多少気になりましたが、シフトフィールは心地よく、変な引っ掛かりの様なものは全く感じませんでした。

ハンドリングについては街乗りのみの試乗だったので、取り立てて不満はありませんでした。路面からの感触もきちんと感じ取ることができるスバルらしい味付けとなっているのではないでしょうか。片側3車線の国道のほか、生活道路の様な狭い場所も試乗コースに入っていたのですが、とても気持ちよく走行することができる車両だと感じました。悪い意味でのエンジンの振動も無く、ブレーキの性能についても通常速度域での不安は感じませんでした。肩肘張らずに乗ることができる、本当に丁度良い車両ではないかと感じました。

86との違いは初代同様となるのか

おそらく今回も足回りのセッティングを異なる味付けにすることで差別化を測る様です。同乗してもらたスタッフの方の説明では86の方がより走りに振った味付けがされる見込みで、BRZについては先代同様マイルドで乗りやすい設定がされているとのことでした。今回同乗してもらったスタッフは女性の方でしたが、足回りの違い意外にも、かなり分かりやすく説明してもらいました。試乗の際に、女性のスタッフが同乗してくれることが多々ありますが、女性のスタッフの方が適切に説明してくれることが多いと感じています。

新型BRZは買いなのか?

正直なところ、86と比べてみたいという気持ちがあります。しかし、BRZと86を同列として取り扱うことを前提とすれば、確実に買いの1台と言えるのではないでしょうか。この価格でこのパフォーマンスであれば、コストパフォーマンスが良いのではないでしょうか。

f:id:JakeKizuki:20211020174550j:image
f:id:JakeKizuki:20211020174553j:image

 

ゴージャスなグリーンフィニッシュされたフェラーリSF90ストラダーレスパイ

f:id:JakeKizuki:20211017104148p:plain

特別なカラーの1台

フェラーリがSF90オンラインコンフィギュレーターには24色の異なるエクステリアカラーオプションを提供しています。しかし、このカラーはその中には含まれていません。

最近フェラーリのカラーリングとしてジワジワ流行りつつあるカラーのヴェルデフランチェスカと呼ばれている緑色。これは2018年に488ピスタに最初に登場した色です。

それが何であれ、フィニッシュはSF90のボディーラインも相まって素晴らしく見えます。

488ピスタでもヴェルデフランチェスカのボディーカラーの個体が作られた

f:id:JakeKizuki:20211017111956j:plain

この時も設定されていなかったカラーだったヴェルでフランチェスカ。オーダープログラムによって特別に製作された1台でした。そして、このカラーリングの元となったと言われているのがフェラーリ250SWD のワンオフモデルになります。

250SWB

f:id:JakeKizuki:20211017111708j:plain

250SWBは250GTのショートホイール版という位置付けになります。

ホイールベースをそれまでの2,600mmから2,400mmへ短縮。このため、従来モデルをパッソ・ルンゴ (Passo lungo) 、英語ではLWB (Long Wheelbase Berlinetta)、改良型をパッソ・コルト (Passo Corto) 、英語ではSWB (Short Wheelbase Berlinetta) と呼んで区別しています。

今回目撃されたモデルについて

さて、この車のカモフラージュは何を隠しているのでしょうか?フロントはノーマルと同じように見えますが、ボンネットのダクト周辺に何かしらの変更が加えられていると仮定すれば、それを隠すための可能性があります。もしくはデザインの変更を隠しているのではなく、グラフィックやトリムを隠している可能性もあります。

おそらくオーダープログラムによって特別に注文された車両の1台であることは間違い無いでしょう。それは、現在注文できない緑色のボディーカラーが採用されていることから想像することができます。

目撃された車両の動画

 

フェラーリF1ドライバー シャルル・ルクレールのカスタム488ピスタがカッコイイ

f:id:JakeKizuki:20211016190122p:plain

シャルル・ルクレールがカスタム488ピスタを運転する様子が目撃

黒い外装の上のモナコの旗をあしらったレーシングストライプが印象的な488ピスタのオーナーはフェラーリF1ドライバーシャルル・ルクレールです。

ボディーカラーこそブラックですが、かなり上手く纏められたカスタムが施されています。

Youtubeに公開された動画は、そのフェラーリ488ピスタを追いかけ、ゴージャスなサウンドが静かな夜に響く様子が収められています。

そのほか、モナコでは様々なスーパーカーを見かけることができるようで、その様子も同じ動画に収録されています。

シャルル・ルクレールの488ピスタなどモナコで撮られたスーパーカーの動画

 

グリーンが美しいラフェラーリ

f:id:JakeKizuki:20211013192223j:plain

売りに出されたグリーンのラフェラーリ

フェラーリの登場からおよそ9年ほど経過していますが、今の時代に見てもそのデザインは古さを感じさせません。

この緑色のフェラーリ、どこかで見た覚えがあると言う人も多いのではないでしょうか。

f:id:JakeKizuki:20211013192340j:plain

以前の所有者は有名ミュージシャンのジェイケイ

そう、このラフェラーリジャミロクワイのボーカルのジェイケイが所有していた車両です。

近く、新たなフェラーリスーパーカーが登場する予定となっており、ラフェラーリからのフレーム構造を引き継ぐと噂されています。

フェラーリのスペチアーレモデルは、新しいモデルが販売しても価格が下がることはほとんどない為、この車両についても時と共にさらに高騰するものと思われます。

f:id:JakeKizuki:20211013192352j:plain

f:id:JakeKizuki:20211013192355j:plain
f:id:JakeKizuki:20211013192359j:plain


 

コルベットE-ray発表間近か

f:id:JakeKizuki:20211012204751p:plain

ニュルブルクリンク付近で目撃される

コルベットE-rayと思われる車両がニュルブルクリンク付近で目撃されています。

確実にそう言い切れるとは語っていませんが、この車両について、新たらしく発表されるZ06とほぼ同じボディを纏っているとのこと。

唯一の違いはマフラー位置の違いで、マフラーの排気口がセンターに設けられたZ06に対して、今回目撃された車両は両端に排気口が配置されているとのことです。

しかし、初期のZ06のテスト車両についても同様のレイアウトだったため、今回目撃された車両はE-rayのテスト車両出ない可能性もあります。

f:id:JakeKizuki:20211012204316p:plain

コルベットE-ray

既存の6.2リッターV型8気筒LT2エンジンと、フロントアクスルに搭載されるエレクトリックモーターにより4輪に動力を伝えます。システム合計出力は600馬力(447k W)から650馬力(484kW)の間と予想されています。

ちなみにZ06は617馬力(460kW)と言われており、これよりも高い出力を発生させる車両になるとの見方が多いようです。