Mmarmaladesky’s diary

マーマレードスカイ 車の記事を中心に書いています

□ランボルギーニ(Lamborghini)

ランボルギーニアヴェンタドールSUVとマクラーレン720Sとポルシェ911ターボSのドラッグレース

最新世代スーパーカー同士のドラッグレース それぞれのスペック 動画はこちら 最新世代スーパーカー同士のドラッグレース 正統派スーパーカーによるドラッグレース。やはり、ドラッグレースといえばポルシェなのではないかと予想されます。 それぞれのスペッ…

エレクトリック化されるランボルギーニのスーパーカーのデザイン

依然としてスペースシップの様だと 未だに正式発表の無い次期ランボルギーニV型12気筒モデル 依然としてスペースシップの様だと まだ何も明らかになっていないランボルギーニのエレクトリックスーパーカーですが、常に宇宙船の様に見え、常に刺激的であり、…

スペアパーツからBMW M1を製造する技術者

BMWのスーパーカー 現在彼はワークショップを開催している 動画はこちら BMWのスーパーカー かつて短期間のみ生産されたBMW M1。その当時のメカニックがM1のスペアパーツを引き取って、数例の車両を再構築する事に成功したとのことです。そのメカニックの名…

NovitecによるウラカンSTO

カーボン素材はボディーワークの実に75パーセント エンジンには手が入れられていない カーボン素材はボディーワークの実に75パーセント そもそもウラカンをさらに空力見直しなどでハードな見た目に仕上げられているSTOに対し、Novitecはさらに手を加えていま…

ランボルギーニウラカンSTOとレクサスLFAのドラッグレース

フロントエンジンとミッドシップエンジン それぞれのスペック 動画はこちら フロントエンジンとミッドシップエンジン どちらもV型10気筒エンジンを搭載したスーパースポーツ。時代は違えど、どちらのV型10気筒エンジンも素晴らしいサウンドを奏でます。これ…

これは面白い ランボルギーニアヴェンタドール同士のドラッグレース

各種アヴェンタドールのドラッグレース アヴェンタドールはデビューして10年以上 それぞれのアヴェンタドール ベースグレード アヴェンタドールSV アヴェンタドールS アヴェンタドールSVJ 動画はこちら 各種アヴェンタドールのドラッグレース ドラッグレース…

ランボルギーニは2024年からLMDhクラスでレースに参戦

今後トヨタ・プジョー・ポルシェ等と競うことに 当然GTクラスにも手を抜かない LMDhとは 今後トヨタ・プジョー・ポルシェ等と競うことに ランボルギーニは、現在開発中の新しいLMDhプロトタイプレースカーで、スポーツカーレースに参戦します。サンタガータ…

ランボルギーニウラカンSTOとABTアウディRS6アバントのドラッグレース

意外といい勝負をする2台 それぞれのスペック 動画はこちら 意外といい勝負をする2台 通常は勝負にならないだろうと思うこの2台ですが、アウディRS6アバントはチューニングされているため、出力がノーマルより大幅に引き上げられています。このため、なか…

ランボルギーニウラカンGT3EVO2 STOレースカーデビュー

かなりかっこいいウラカンのレーシングカーが発表された もちろん既存のEVOのアップグレードパッケージも用意されている エクステリアデザインについて パワーユニットに関すること デリバリーの時期は? 動画はこちら かなりかっこいいウラカンのレーシング…

ランボルギーニウラカンGT3EVO2のティザー公開

GT3EVO2 作業は順調に進んでいる様だ GT3EVO2 先日発表されていたランボルギーニウラカンGT3EVO2ですが、本来2022年シーズンから投入予定となっていた事はご存知のとおり。コロナウィルスのパンデミックの影響で公開が1年遅らされることとなりました。そんな…

ランボルギーニアヴェンタドール最終個体が売買

160万ドルという高額で落札 内装も刺激的な車両 NFTの他にも特典がある様だ 動画はこちら 160万ドルという高額で落札 先ごろ発表されたアヴェンタドールクーペの最終モデルにして最後の車両が落札されました。NFTが付属しており、プレミア化。オークションで…

ランボルギーニ ウラカンテクニカ

通常モデルとはかなり印象が違って見える モデルライフ終了間近にもかかわらず大胆な変更が加えられたウラカンテクニカ。フロントは、ランボルギーニシアンの様な意匠が取り入れられていて、特別感のあるデザインとなっていると思うのは僕だけではないと思い…

最終仕様のアヴェンタドールウルティマエはオークションへ

最終仕様にはNFTが付属 やはり、流行りのNFTを関連づける形でオークションにかけられるアヴェンタドールウルティマエの最終仕様。それでなくてもランボルギーニ製V型12気筒自然吸気エンジンのみをパワーユニットとする最後期のスーパーカーの価値はいずれ上…

ランボルギーニが謎のティザーを公開

スチームパンクっぽいカッコいいティザーが公開 何を目的としているのかは今の所不明 ウルティマエのスペック 動画はこちら スチームパンクっぽいカッコいいティザーが公開 ランボルギーニは50秒のティザーにウルティマエと思われるティザーを公開して、最後…

ランボルギーニ次期12気筒モデルのレンダリング

もちろん非公式のレンダリングではあるが スパイショットされたモデル 関連記事 動画はこちら もちろん非公式のレンダリングではあるが アヴェンタドールをベースに製造されたシアンやチェンテナリオを組み合わせた様なデザインになっており、通常モデルでこ…

貴重なネオクラシックカーが雪上で戯れる

スイスで開催されたインターナショナルコンクールオブエレガンス 貴重なネオクラシック車両が雪上を走る 動画はこちら スイスで開催されたインターナショナルコンクールオブエレガンス スイスのアルプス地方にあるサンモリッツで開催されたICE。これはIntern…

ランボルギーニアヴェンタドール後継車のスパイ

ランボルギーニの次期V12スーパーカーも期待できそうなデザインだ 次のV型12気筒エンジンを搭載したランボルギーニスーパーカーは、プラグインハイブリッド機能を搭載し、これらのスパイ写真が証明するように、適切にワイルドなスタイリングを備えています。…

ランボルギーニ ウルスエボは量産体制が整っている?

ウルス エボ スペックについての噂 ウルス エボ ランボルギーニウルスの新たなグレードとなるエボだが雪上でテストを実施しているとの噂です。この調子だと量産開始も近いのではないかと思われます。

ランボルギーニがオフロードミッドシップモデルの他に別な1台も開発中を開発中?

ランボルギーニウラカン派生モデルを計画中か ハイライディング市場がブームの兆し ランボルギーニウラカンJVストラタダーレ ランボルギーニウラカン派生モデルを計画中か ランボルギーニがミッドシップのオフロードモデルを開発中という噂があります。 ウラ…

ランボルギーニ モンテロッサ スピードスター

チューナーによるカスタムモデル ベースはランボルギーニ ガヤルド 動画はこちら チューナーによるカスタムモデル DRVN Conceptsチームによるスピードスターモデル。ランボルギーニのスーパーカーをベースにカスタムされたとの事ですが、本家のランボルギー…

カウンタックLP800-4が公道を走行する様子が公開

正面からの見た目が意外とカッコいい カウンタックLPI800-4のスペックについて 動画はこちら 正面からの見た目が意外とカッコいい 意外とカッコいいというと、なんとなく上から目線のようですが、アヴェンタドールがランボルギーニのスーパーカーの中で一番…

アヴェンタドールの後継機か カバーに覆われたランボルギーニの車両が目撃される

次期V12モデルも期待できそうだ アヴェンタドールの次期型の動画が公開されたのはおそらく今回が初めて マフラーエンドがアヴェンタドールと大きく異なる事は確認できる はじめて目撃されたアヴェンタドール後継機と思われる車両の動画 次期V12モデルも期待…

ランボルギーニ製V10エンジンを搭載したシボレーコルベットC2レストモッド

デビューは2023年のSEMAショー 搭載されるのはランボルギーニ製のV型10気筒 Adiviはプロジェクト最初のレンダリングをインスタに投稿 アメリカのボディーにイタリアのパワー デビューは2023年のSEMAショー シボレーC2コルベットといえば、現在となってはかな…

リバティーウォークからまたも過激なアヴェンタドール用ボディキット登場

リバティーウォークのスーパーシルエットシリーズのようなデザイン LBシルエットワークスと銘打っていることから、同様のデザインコンセプトであることがわかる、かなり過激なボディーキットが登場しています。

ランボルギーニウルスのテスト車両 追加グレードはどうなる?

センターロックっぽいホイールを装着 センターロックと通常方式のホイールはどちらが良いのか 今回目撃されたランボルギーニウルスの動画 センターロックっぽいホイールを装着 確実なところは不明ですが、センターロックの様に見えるホイールを装着している…

ランボルギーニウラカンエボ「ミノタウロス」

エアブラシや筆ではなく指で描かれたアート とても大胆で躍動的なアートに仕上がっているウラカンEVOのアートカー ミラノのパラッツォセルベローニに展示される エアブラシや筆ではなく指で描かれたアート このアートを描いたのはアーティストのPaolo Troilo…

ランボルギーニ カウンタックLPI800が公道を走る

物議を醸した新型カウンタックだが映像で見るとかなりカッコいい カウンタックLPI800とは 動画はこちら 物議を醸した新型カウンタックだが映像で見るとかなりカッコいい このカウンタックを購入できる層の人たちは、そもそもこのカウンタックに対して批判的…

ランボルギーニは記録的な売り上げを記録

半導体不足も関係なし 自動車業界は新車生産のために必要な半導体チップの確保が追いつかず、車両を思うように生産できない状況に陥っています。多くの自動車メーカーは、工場での生産を一時的に停止したりと減産を余儀なくされている状況です。 しかし、ラ…

新たに仕上げられた1971年のランボルギーニカウンタックLP500が公開

ランボルギーニ社自身によるLP500製作プロジェクト サンタガタボロネーゼのMUDETECミュージアムに展示 画像で見るLP500 Countach LP500の関連動画 ランボルギーニ社自身によるLP500製作プロジェクト このほど、25,000時間が費やされ仕上げられたLP500が公開…

カウンタックデザイン50年の変遷

感情から生まれた形 LP 500コンセプト 躍動感ある造形 LP 400、最初の生産モデル LP 400S:翼を与えられたカウンタック 25th Anniversary:カウンタック登場から25年 カウンタックLPI800-4:神話へのオマージュ 感情から生まれた形 60年代の終わりから70年代…