Mmarmaladesky’s diary

マーマレードスカイ 車の記事を中心に書いています

□ランボルギーニ(Lamborghini)

アヴェンタドールの後継機か カバーに覆われたランボルギーニの車両が目撃される

次期V12モデルも期待できそうだ アヴェンタドールの次期型の動画が公開されたのはおそらく今回が初めて マフラーエンドがアヴェンタドールと大きく異なる事は確認できる はじめて目撃されたアヴェンタドール後継機と思われる車両の動画 次期V12モデルも期待…

ランボルギーニ製V10エンジンを搭載したシボレーコルベットC2レストモッド

デビューは2023年のSEMAショー 搭載されるのはランボルギーニ製のV型10気筒 Adiviはプロジェクト最初のレンダリングをインスタに投稿 アメリカのボディーにイタリアのパワー デビューは2023年のSEMAショー シボレーC2コルベットといえば、現在となってはかな…

リバティーウォークからまたも過激なアヴェンタドール用ボディキット登場

リバティーウォークのスーパーシルエットシリーズのようなデザイン LBシルエットワークスと銘打っていることから、同様のデザインコンセプトであることがわかる、かなり過激なボディーキットが登場しています。

ランボルギーニウルスのテスト車両 追加グレードはどうなる?

センターロックっぽいホイールを装着 センターロックと通常方式のホイールはどちらが良いのか 今回目撃されたランボルギーニウルスの動画 センターロックっぽいホイールを装着 確実なところは不明ですが、センターロックの様に見えるホイールを装着している…

ランボルギーニウラカンエボ「ミノタウロス」

エアブラシや筆ではなく指で描かれたアート とても大胆で躍動的なアートに仕上がっているウラカンEVOのアートカー ミラノのパラッツォセルベローニに展示される エアブラシや筆ではなく指で描かれたアート このアートを描いたのはアーティストのPaolo Troilo…

ランボルギーニ カウンタックLPI800が公道を走る

物議を醸した新型カウンタックだが映像で見るとかなりカッコいい カウンタックLPI800とは 動画はこちら 物議を醸した新型カウンタックだが映像で見るとかなりカッコいい このカウンタックを購入できる層の人たちは、そもそもこのカウンタックに対して批判的…

ランボルギーニは記録的な売り上げを記録

半導体不足も関係なし 自動車業界は新車生産のために必要な半導体チップの確保が追いつかず、車両を思うように生産できない状況に陥っています。多くの自動車メーカーは、工場での生産を一時的に停止したりと減産を余儀なくされている状況です。 しかし、ラ…

新たに仕上げられた1971年のランボルギーニカウンタックLP500が公開

ランボルギーニ社自身によるLP500製作プロジェクト サンタガタボロネーゼのMUDETECミュージアムに展示 画像で見るLP500 Countach LP500の関連動画 ランボルギーニ社自身によるLP500製作プロジェクト このほど、25,000時間が費やされ仕上げられたLP500が公開…

カウンタックデザイン50年の変遷

感情から生まれた形 LP 500コンセプト 躍動感ある造形 LP 400、最初の生産モデル LP 400S:翼を与えられたカウンタック 25th Anniversary:カウンタック登場から25年 カウンタックLPI800-4:神話へのオマージュ 感情から生まれた形 60年代の終わりから70年代…

ランボルギーニ アヴェンタドール後継車両のテストをしているのか?謎の車両が目撃される

外観はアヴェンタドールだがマフラーエンド部分がなんだかおかしい 次期モデルは2022年に公開される予定 アヴェンタドールの動画はこちら 外観はアヴェンタドールだがマフラーエンド部分がなんだかおかしい 一見すると通常のアヴェンタドールSのようですが、…

ランボルギーニがまた何かを始めているようだ

初代カウンタックを製造をしていると思われる映像がアップされている ランボルギーニ博物館に展示されている車両は2番目のカウンタック 公開された動画はこちら 上の動画と同様の動画が公開されています 初代カウンタックを製造をしていると思われる映像が…

アウディR8 オーストラリア市場で販売終了

日産GT-Rに続いてアウディR8も販売終了 R8の次期モデルは登場するのだろうか アウディR8について 日産GT-Rに続いてアウディR8も販売終了 アウディR8にとって魅力的な市場とはならなかったオーストラリア。販売終了の要因はオーストラリアの安全基準をクリア…

ランボルギーニ ミウラのフロントカウルを探している人に朗報 カウルが出品中

元々は出品者のミウラに装着されていたカウルとのこと 当然オークションは激戦 ランボルギーニ ミウラ 元々は出品者のミウラに装着されていたカウルとのこと Collecting Carsでオークション販売されているこのフロントカウルはオーナーがカスタムカウルを取…

ランボルギーニカウンタック(初代)のレストアベース車両が販売

初代カウンタックは絶賛高騰中 こんな状態でも高値が付く 日本のマーケットにクラシックランボルギーニはほとんど流通していない 初代カウンタックは絶賛高騰中 新しいカウンタックは既に売り切れ。初代についても高騰が続いており、入手困難な状況となって…

ランボルギーニウラカンベースの変わったカスタムかー

一見すると普通のウラカン なんとボディーパネルはカーボン製のワンオフ ヘッドライトにはランボルギーニミウラのような装飾 一見すると普通のウラカン この画像からもベースはランボルギーニウラカンであることがわかるデザインで、フロントの開口部が狭く…

ラムTRX VS ランボルギーニウラカンEVO RWD

改造されたトラックVS正統派スーパーカー 結果はこちらの動画で確認 改造されたトラックVS正統派スーパーカー このTRXにはチューニングが施され、最高出力1,000馬力となっています。 工場出荷時のパワーは最高出力702馬力(523kW)と最大トルク650ポンドフィ…

リアウイングを備えたランボルギーニLPI 800-4のレンダリング

大きなリアウイングを与えられたカウンタック ウイングの形状はまさにカウンタック ホイールもリボルバーデザインに変更 画像加工の様子を解説した動画はこちら 大きなリアウイングを与えられたカウンタック LPI 800-4はカウンタックLP400と同様にリアウイン…

ランボルギーニカウンタックLPI800-4のエンジンサウンド

V型12気筒のサウンド LPI800-4 動画はこちら V型12気筒のサウンド シアンFPK37より僅かに低く抑えられたパワーですが、その本質は同様のものとなっているランボルギーニカウンタックLPI 800-4。変わらないサウンドを響かせます。

ランボルギーニカウンタックLPI800-4発表

803-HPハイブリッドV12ハイパーカー 過去と現在のデザインが融合したエクステリア インテリアは現代風 生産台数112台 803-HPハイブリッドV12ハイパーカー 6.5リッターV型12気筒自然吸気エンジンが搭載されたカウンタックLPI800-4。それ自体で769馬力(573kW…

ランボルギーニは新型カウンタックのティザー画像を追加で公開

まだ全体像は明かされていない フロントにグリルを配したデザイン エアインテークはLP400に準じたデザイン ガラスフードで覆われたエンジンルーム ランボルギーニのインスタグラムに公開された情報 まだ全体像は明かされていない 今回公開されたティザー画像…

新しいカウンタック?ハイブリッドとなった新型カウンタックを発表か

またランボルギーニが限定モデルを発表するようだ カバーに覆われた車両のティザーが公開されたが詳細は謎 現時点で短いティザー映像も公開されている カウンタックの名称を使用することは大きな賭けだと思う またランボルギーニが限定モデルを発表するよう…

ランボルギーニ次期V型12気筒モデルは大幅にデザイン変更される

ムルシエラゴからアヴェンタドールへとモデルチェンジした際と同様な変化がある オートカーのインタビューにて ムルシエラゴからアヴェンタドールへとモデルチェンジした際と同様な変化がある ハイブリッド化される事が決まっている次期V型12気筒モデルなの…

ランボルギーニウラカンオフローダーが駆け抜ける

ウラカンベースのオフロードカー ドアを開いたシルエットは確かにランボルギーニっぽい 実際に走行する様子はこちらの動画で ウラカンベースのオフロードカー ウラカンがベースと言っても、そのウラカンの要素があるのはルーフとドアパネルのみといった極端…

ステファン・ヴィンケルマンに聞く今後のランボルギーニ

ランボルギーニのV12が電化されることについてどう思いますか? これは時代の終わりですか? ドライバーはPHEVスーパーカーの余分な重量に気付くでしょうか? それはアヴェンタドールと密接に関連していますか? Siánのようなスーパーキャパシタを採用します…

ランボルギーニカウンタックが50周年モデルとして現代に登場したら

50周年を迎えるカウンタックが新型として登場したらというレンダリング エクステリアデザインについて インテリアデザイン 50周年を迎えるカウンタックが新型として登場したらというレンダリング ランボルギーニカウンタックの50周年に当たる2021年、この機…

Huber era ランボルギーニアヴェンタドール

好みがかなり分かれそうなデザイン カーボンパーツを全面に押し出したエアロパーツ 公開の様子 好みがかなり分かれそうなデザイン アヴェンタドールの後継車のニュースが聞こえてくる様になり、ランボルギーニのフラッグシップも次の世代へとバトンタッチと…

巨大なセンサー装置を装着したランボルギーニウラカンSTOが目撃される

巨大なアンテナと小さな装置を装着してテストしているウラカンSTO リモートでのデータ収集? 巨大なセンサーを搭載したウラカンSTOの目撃動画はこちら 巨大なアンテナと小さな装置を装着してテストしているウラカンSTO この ランボルギーニウラカンSTOは、隠…

アヴェンタドールとヘネシーデュランゴのドラッグレース

デュランゴの最高出力は1,000馬力まで高められている ドラッグレースの様子はこちら この動画にはいくつかの疑問が見受けられる デュランゴの最高出力は1,000馬力まで高められている ヘネシープァフォーマンスのダッジデュランゴSRTヘルキャットは1,000馬力…

次期ランボルギーニ製V型12気筒エンジンは全く新しいものになると言う噂

次期モデルが最期のV型12気筒エンジン搭載車となるだろう 現在のV型12気筒エンジンについて ランボルギーニ第1世代のV型12気筒エンジン 次期モデルが最期のV型12気筒エンジン搭載車となるだろう ランボルギーニのCEOステファンウィンケルマンはランボルギー…

15,000台目のウルスが完成

今やランボルギーニの顔 15,000台の生産達成まで3年 おそらく今後はハイブリッドも追加される 今やランボルギーニの顔 登場する前は、こんなに売れるとは予想されなかったランボルギーニのスーパーSUV。このスーパーSUVの登場するずっと前にランボルギーニは…