MENU

□その他メーカー車

ヘネシー ヴェノムF5 2020年内に発売される

3年前にコンセプトとして公開されたヘネシー・ヴェノムF5。 このヘネシー・ヴェノムF5が、2020年内に市販仕様としてデビューすることが決定したとのことです。 当初、米カリフォルニア州のペブルビーチで毎年開催されるモータースポーツイベントで披露する予…

光岡自動車がトヨタRAV4ベースのカッコいいSUVを発表

光岡自動車がトヨタRAV4ベースのSUV『Buddy』を発表しました。 光岡らしからぬ秀逸なデザインです。 全体的にネオクラシックなアメ車風のデザインです。 フロントは1980年代のシボレーブレイザーのような、というかそっくりなデザインです。 日本よりもアメ…

HummerがEVとして復活

GMCのハマーブランドから1,000馬力のスーパーEVピックアップトラックが発表されました。 なんともパワフルなEVですが、EVとオフロードってなんだか相性が良くないイメージがあります。僕の勝手なイメージなので、実際のところどうなのかわかりませんが、それ…

千代田区の一部エリアで電動キックボードによる公道走行実証実験開始

10月27日から2021年3月中旬まで、大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会のスマートシティ推進委員会は、電動マイクロモビリティシェアのLuupと共同で電動キックボードの公道走行実証実験実施するとのこと。 公道走行実証実験は千代田区の一部エリアで…

テスラは部品供給を今後100%中国製にしていく?

もう中国市場にどこまで食い込めるのかという事が最優先となっているのでしょうか。 コスト面では中国にかなわない分野が多数あります。テスラは広報部門をすでに解体しているなどと、コストのかかることを徹底的に排除していって、利益を追求しています。テ…

KTM X-BOW GTX カーボンボディーに530馬力

バイクで有名なKTMが、4輪のX-BOWを販売しているのは、車好きには割と広く知られているのではないかと思われます。 このX-BOWのGTXなるモデルが発表されました。 KTM が2008年から販売している『X-BOW』 (クロスボウ)のノウハウをベースに、フルカーボン製…

訓練は大切だがこれはもったいない

シェルビーマスタングGT500。 消防士の訓練のために破壊されることになるシェルビーマスタングGT。 実際のレスキューの現場では、人命を優先しなければならないため、車両を破壊して救出するということは珍しいものではありません。 こういった訓練があって…

NovitecがFerrari Monzaをチューニング

スーパーカーのカスタムで有名なNovitecがFerrari Monzaをチューニングして833馬力までパワーアップさせています。 ノーマルのモンツァSP1には、フェラーリのロードカーで最も強力なV12エンジンが搭載されていますが、さらにノビテックはそのエンジンに手を…

本物を知って本物を否定しない生き方をしたい

本物を知らずに否定してしまう事が何となくある気がします。 自分に手が届かないから否定してしまう。童話の『酸っぱい葡萄』の話ですね。 僕は、出来るだけ本物を知っておきたいと思うし、本物を否定する人の否定もしないようにしたいと常々心がけています…

最近話題に上るRimacってどんな自動車メーカー

最近、リマックといえば、ブガッティの売却先として名前が挙がっており、その名前が一般的にも広く知られるようになったのではないかと思われます。 ちょっと前だと、リチャードハモンドの一件がありました。 リマックは、クロアチアの首都ザグレブにショッ…

北京モーターショー 5か月遅れで開催

北京モーターショーが開催されました。 4月の開催予定でしたが、新型コロナの影響で5か月ほど遅れての開催となりました。 世界の頃なの状況を考えると、この時期に開催して大丈夫なのかと思われますが、それども開催するというのは中国的というか。 それでも…

Rimac Concept Oneが売りに出される

これまでに生産されたConcept Oneは、たしか10台以下だったのではないでしょうか。 Concept Oneは、クロアチアの自動車メーカー、Rimacが製造した公道用の完全電動ハイパー カーで、4つの電気モーターから1,224馬力(913キロワット)と1,600ニュートンメート…

Delage D12

初めて耳にする人も多いと思うこのドラージュというメーカー。その昔、車を製造していたフランスの自動車メーカー。1905年の創業から、1953年まで高級車やレーシングカーを生産していたメーカーです。 かなり攻めたデザインの車で、そのスペックもハイパーカ…

ピニンファリーナ Battistaを発表

ピニンファリーナは、予告していた電動ハイパーカー『Battista』をジュネーブ・モーターショーで公開しました。 この車のキャッチコピーは「これまでにイタリアで設計製造されたなかで、最も強力な公道仕様車」

リバティーウォークがまた新しいタイプのボディキットを発売

シルエットフォーミュラーを意識したボディーキットをリバティーウォークが発売したようです。 Liberty Walk | リバティーウォーク 個人的にはリベット留めデザインのオーバーフェンダーよりもこっちのほうが好みですが、いずれボディーに大きな加工を施さな…

1968年製のチャージャーと2018年製のチャージャーのドラッグレース

1968年製のチャージャーと2018年製のチャージャーのドラッグレース。 長い動画ではないので、結果は動画で確認してください。

新型 三菱デリカ予約受付中

現行のデリカD5は、オフロードも走行可能な実用的なミニバンというイメージだったのですが、次期型のデリカは、どこかで見たようなデザインになってしまい。個人的にはちょっと残念な気がします。

900馬力のモンスタートラックがツリーを運ぶ

トーヨータイヤの動画になりますが、900馬力のモンスタートラックがツリーを運ぶ迫力のある動画です。

日本カー・オブ・ザ・イヤーは今年もボルボ

ボルボXC40が選ばれた今年の日本カー・オブ・ザ・イヤー。 またしてもボルボ。 ありきたりの意見ですが、日本車が選ばれなかったのはとても残念です。 それだけ日本車の魅力が薄れてきているという事なのでしょうか。

アルピーヌ A110GT4

先日、録画をしていたカーグラフィックTVを観ていて気になった車両です。 発表されたときに自動車関係のニュースでは気が付かなかったのですが、ちょっと格好良いなと思いました。 アルピーヌA110はこれくらい過激な方が良いんじゃないかと思います。まだま…

散歩していて思った やっぱりEV化は必要なのかも

運動不足を感じていたため、ちょっとウォーキングをしたのですが、その際にちょっと気になったのが、排気ガス。普段は車での移動がメインなので、あまり気にしていなかったのですが、歩いていると結構気になります。特にトラックのディーゼルエンジンの排気…

アポロI.E.は完売 開発は順調

僕が、アヴェンタドール以外にほしいと思う車。それがアポロI.E.なのですが、残念ながら完売してしまったもよう。どちらにしても購入ができないので諦めるしかないのですが、それでも格好良いものは格好良い。

日産 GT-R50 by イタルデザイン ボンネットとトランクリッドの開き方が想像と違った

日産公式イベントとしては日本で初めて公開された日産『GT-R50 byイタルデザイン』ですが、このトランクの開き方が想像と違っていました。

FRスポーツカーが欲しい

まだ目標を達成できていませんが、こんな車も手元に合ったらよいなと最近思います。 FRで理想を言えばオープンカー。金額的にも余裕があるわけではないので、300万円くらいの車が理想です。

光岡自動車 ロックスター

光岡自動車は、コルベットC2をモチーフとした(?)ロックスターを販売するとのこと。以下は特設サイトからの引用。 熱くほとばしるような熱情を持っていてそれが何かのキッカケで爆発することが誰にでもある。どんな人もスターになってみたい気持ちはあるし…

アルピーヌA110 日本導入

アルピーヌA110のカタログモデルの日本導入が決定しました。 プルミエールエディションは50台の抽選販売となりましたが、カタログモデルが導入されることに。

トミーカイラZZ 樹脂製フロントウィンドウを採用 2019年春に発売

GLMと帝人が開発したポリカーボネイト製のフロントウィンドウを採用したトミーカイラが2019年春にも販売が開始されるかもしれないとのこと。 「道路運送車両の保安基準(第29条)」を満たす国内認証をクリアし、7月にナンバープレートを取得。このポリカー…

新型ジムニーはなぜこんなに売れているのか

新型ジムニーはなぜこんなに売れているのか。 僕なりの考えをわりと適当に分析してみました。 まず、前モデル登場からかなりの年数が経ってのモデルチェンジであり、以前からのファンによる買い替え需要。もともと根強い人気のジムニーなので、モデルチェン…

新型ジムニー試乗

試乗したのは一番上のCXというグレードの5MT。 今回は、特に情報を仕入れずに試乗したわけですが、思ったよりも良かったというのが正直なところです。

今が旬なホットハッチによるドラッグレース映像

TOYOTA YarisGRMN、Ford Fiesta ST、VW Polo GTI、Peugeot 208 GTi、Mini JCWによるドラッグレースの映像です。