Mmarmaladesky’s diary

マーマレードスカイ 車の記事を中心に書いています

2024-01-01から1年間の記事一覧

アウディRS E-Tron GT に改良型 PerformanceはアウディEVの新たなフラッグシップ

アウディ版ポルシェタイカンターボS スペック アウディ版ポルシェタイカンターボS ポルシェタイカンの2025年モデルのデビューと比べるとそれほど話題とはなっていませんが、アウディRS E-Tron GT Performanceのディザー画像を公開しています。 現在のRS E-Tr…

ランボルギーニウルスハイブリッド

V型8気筒エンジンとエレクトリックモーター スペック バッテリー容量 もちろんアドペルソナムプログラムも V型8気筒エンジンとエレクトリックモーター ランボルギーニウルスにプラグインハイブリッドモデルが登場しました。 ランボルギーニウルスSEは、ラン…

マセラティギブリ グランかブリオ

フルエレクトリックのオープンカー スペック バッテリー フルエレクトリックのオープンカー マセラティはあらたなコンバーチブルモデルで、市場的にもまだ少数なフルエレクトリックオープンモデルのグランかブリオフォルゴレを発表しました。既存のグラント…

メルセデスAMG Oneがオークションへ

希少なF1由来パワーユニット搭載車 僅か90kmほどの走行 オークションは25日終了 希少なF1由来パワーユニット搭載車 通常の人には縁のない車両となるモデルですが、裕福な資産家にとっては、いわば芸術品等と同様の投資対象となってしまっている限定生産され…

シボレーコルベットZR1が今年の夏デビュー

コルベットの頂点に位置するグレード スペックは今のところ未定 動画はこちら コルベットの頂点に位置するグレード シボレーはコルベットZR1のデビューについて、正式発表しました。ミッドシップレイアウトになった現行モデルの最強モデルとなるZR1は、間違…

日本にも導入してほしい トヨタ4ランナー

ベースは新型タコマ スペック 価格について ベースは新型タコマ 少々大きめな本格オフローダー。この4ランナーごハイラックスサーフとして日本に導入されないかという期待が高まっています。やはりボディサイズが大きめなので、街中での走行には向かないかも…

ランクル250

思ったよりも高額だ 3種類のランクルファミリー ラインナップ 思ったよりも高額だ トヨタランドクルーザー250が正式リリースされ、価格についても発表されました。 なんとなく450万円程度になるのではないかと思っていたのですが、想像より高額、そして最上…

ゴードンマレーT.33 官能的なエンジンサウンド

T.50同様のパワーユニット 動画はこちら T.50同様のパワーユニット コスワース製の3.9リッターV型12気筒エンジンを搭載しています。最高出力はT.50よりも僅かに劣りますが、それでも607馬力ものパワーを発生します。このエンジンは11,000rpmまで回す事ができ…

メルセデスベンツEQGが氷上を走る

エレクトリック版Gクラス 氷上ドリフト 動画はこちら エレクトリック版Gクラス メルセデスベンツは、次期EQGは正真正銘のオフローダーである事を約束しています。エクステリアデザインについても、ほぼガソリンエンジンのGクラスと同様となっており、本格的…

今年もヴァイパーの新車が販売されていた

生産終了から7年 昨年の販売の半数が販売 生産終了から7年 3世代目のダッジヴァイパーが生産終了となったのは2017年のことですが、まだ在庫の販売を続けているとの事です。 ステランティスは、2024年第1四半期の販売状況の発表を行っていますが、1台のヴァイ…

ランボルギーニ ウラカンSTJ

ウラカン最終モデル スペック もちろん限定生産で既に完売 ウラカン最終モデル ランボルギーニウラカンSTJは、モデル最後のスペシャルエディションになります。同時に、純粋なガソリンエンジンとしてV型10気筒を搭載するランボルギーニの最終モデルとなりま…

ランボルギーニの新しいロゴマーク

ロゴ自体は古いものとよく似ている フチ無しでも使用 動画はこちら ロゴ自体は古いものとよく似ている レヴエルトに続き、ウラカンのモデルチェンジを控えているランボルギーニ。パワーユニットもハイブリッドシステムへと転換されるこのタイミングで、新た…

ポルシェ718ケイマン ドリフト仕様

ドリフトに不向きだと思う車両をカスタム 多くの純正部品を残して仕上げられている 動画はこちら ドリフトに不向きだと思う車両をカスタム このミッドシップスポーツカーをドリフト仕様に仕立てたのは、フォーミュラドリフトの現チャンピオンであるチェルシ…

フェラーリが新たなエンジンの開発を目指している

フェラーリ製直列6気筒エンジン ブランドへの冒涜か フェラーリ製直列6気筒エンジン フェラーリは水素動力の内燃エンジンを備えた自動車に関する特許をEUと米国に出願したとの事です。発明者はフェラーリに24年間勤務しているファブリツィオファヴァレット氏…

マクラーレン社の新たなオーナーが決定

政府系ファンドが新たなオーナー 次期ハイパーカーはどうなる 政府系ファンドが新たなオーナー マクラーレングループの新たなオーナーが決定しました。新たなオーナーは、政府系ファンドのバーレーン・ムムタカラット・ホールディングカンパニーで、出資比率…

トヨタがトヨペットクラウンRSなどをオートモビルカウンシル2024に出展

3車種を出展 オートモビルカウンシル2024の開催概要について 3車種を出展 トヨタ自動車は、オートモビルカウンシル2024にトヨペットクラウンRS、AE86BEVコンセプト、MR2スーパーチャージャーの3台を出展すると発表しました。 トヨペットクラウンRSは、トヨタ…

メルセデス新型AMG GTクーペのエントリーモデルは4気筒エンジンを搭載

メルセデスベンツ SLと同様な構成へ スペック メルセデスベンツ SLと同様な構成へ メルセデスベンツが2022年にSLの4気筒エンジン搭載モデルを発表しており、AMG GTも同様の流れになると言われていましたが、それが正式に発表されました。 新しいGT43は2.0リ…

ブラバスが手掛けるSクラスハイブリッド

AMG S63のパワーを大幅に上回る出力 もちろんエクステリアもブラバス仕様 パワーユニット AMG S63のパワーを大幅に上回る出力 メルセデスベンツが展開するAMG。そのSクラスのモデルがS63ですが、この車両が発生する最高出力は791馬力。これだけのパワーがあ…

ポルシェ製エレクトリックハイパーカー

本格的EVスポーツはもうすぐデビュー ミッションXコンセプトから考えるハイパーカー 予想スペックや予想価格について 本格的EVスポーツはもうすぐデビュー ポルシェがタイカンを発表したのが2019年。今年の後半には新型マカンEVが発売される予定となっていま…

パナメーラターボEハイブリッド

最も強力なポルシェパナメーラ スペック 価格について 最も強力なポルシェパナメーラ 新しいパナメーラEハイブリッドは、以前のモデルよりも出力が僅かに低下しています。しかし、最大トルクについては上昇しているとの事です。 スペック パワーユニットは、…

ポルシェ911ハイブリッドが夏頃にデビュー

ウルトラスポーティなハイブリッド 重量の増加が心配 販売開始は2年後? ウルトラスポーティなハイブリッド ハイブリッドパワーユニットを搭載する事で一部についてエレクトリック化を実現することとなるポルシェ911。 おそらく、全てのモデルがハイブリッド…

ポルシェ タイカンターボGT

史上最もパワフルなポルシェ スペック 史上最もパワフルなポルシェ ポルシェタイカンターボGTが発表されました。 ベースモデルのタイカンですら十分速いと感じるのですが、先日までラインナップの最上位モデルであるタイカンターボSはローンチコントロールを…

BMW ガソンリとモーターのM3を同時に発売することもあり得る?

規制圧力の軽減によりガソンリ車が復権か プラットフォームは共有されない 規制圧力の軽減によりガソンリ車が復権か BMWは、全ラインナップのエレクトリック化を着実に進めています。全てのラインナップがフルエレクトリック化ということになれば、当然主力…

ポルシェ911にリコール

衝突時にフロントガラスが外れる可能性 接着剤もしくは接着方法に問題があったか 衝突時にフロントガラスが外れる可能性 ポルシェは衝突時に前後のガラスが剥がれる可能性があるとして8,000台以上の911をリコールしました。あくまでも米国市場においての話な…

ブガッティ 新型パワーユニットはハイブリッド化へ

新型V型16気筒エンジン開発 次期モデルは6月に公開 動画はこちら 新型V型16気筒エンジン開発 ブガッティ は次期ハイパーカーにV型16気筒エンジンを搭載する様です。今までのW型16気筒エンジンに代わる新たなパワーユニットを搭載して、新たなスタートを切る…

日産GT-R2025年モデル発表

登場時から倍の価格 インテリアに新色追加 価格 いつまで販売される? 登場時から倍の価格 日産GT-R2025年モデルが発表されました。 通常モデルは14,443,000円からと、実に販売開始当初と比べておよそ2倍の価格になっています。ニスモの方は30,085,000円から…

世界は伝説的なデザイナーを失った

伝説的デザイナー マルチェロガンディーニ 後半はベルトーネから独立 伝説的デザイナー マルチェロガンディーニ 今まで、数多くのスーパーカーのデザインを手掛けたマルチェロガンディーニ氏がこの世を去ったと報道されました。 ランボルギーニの伝説的なス…

【噂】マクラーレンのハイパーカーが今年デビュー

マクラーレンP1から11年 コードネームP18 マクラーレンP1から11年 マクラーレンはP1以降、後継のハイパーカーを未だに販売していません。しかし、年末までに大排気量エンジンを搭載した新たなフラッグシップモデルを発表するのではないかと噂されています。 …

ブガッティ ボリードに採用されるブレンボ製カーボンブレーキ

最高のハイパーカーには最高のブレーキを ボリードの雨天テスト 動画はこちら 最高のハイパーカーには最高のブレーキを ブガッティ ボリードには前後とも15.3インチのブレンボ史上最大のカーボンブレーキが搭載される模様です。 ボリードが発生する最高出力…

ランボルギーニ ウラカンに最後の追加モデル登場か

ウラカンSTJ ウラカンは完売したとアナウンスされているはず ウラカンSTJ ヨーロッパの最近の商標出願で、ランボルギーニ はウラカンSTJの名称を保留している事が明らかになりました。 提出された書類では、これまで知られていなかったウラカンのバリエーシ…