ミニJCWエレクトリックの存在を正式に認める

f:id:JakeKizuki:20201205225953j:plain

ミニ・ジョン・クーパー・ワークスのEVが噂されていたのは11月上旬。それから1か月経過して、メーカーが正式にJCWのエレクトリックの情報について公開しています。

当然ですが、プロトタイプモデルとなるこのミニJCW。カモフラージュラッピングされていますが、形状についてはおおよそ確認できるようになっています。

Miniの最初のEVは、184hp、270 Nm。0-100km/h加速は7.3秒。最高速度は150km/h。JCWモデルがより強力なモーターを搭載するのか、複数のモーターを搭載するのかはまだ明らかになっていません。

そもそも、BMWグループのバッテリー性能の技術的な進歩が無ければ、EVのパフォーマンス向上は見込めませんが、これから、バッテリーの性能が向上することは間違いがないでしょう。しかし、現時点では、そのブレークスルーが数年後なのか、何十年も先なのかは定かではありません。そうなると、EVでのハイパフォーマンスモデルというのは、他のモデルとの差別化という意味では、なかなか難しいのではないかと考えます。

 テスラはバッテリー容量にて、その差別化を図っていますが、そもそものモーター等の性能自体は現在の技術的レベルでも十分な域にあると考えられ、それらが発達するよりもバッテリーの技術が向上する方が時間がかかるので、現時点では、"ハイパフォーマンスモデ”ルイコール”大容量バッテリー搭載モデル"となり、重量が増えるばかり。そうなってしまっては、ミニ本来の軽快性が失われてしまうのではないかと考えるわけです。

バッテリーについての技術的革新があって初めてこういったコンパクトハイパフォーマンスモデルの未来が開かれるのではないかと考えます。