落としどころ

f:id:JakeKizuki:20170227202815j:plain

ふと、ネットで中古車情報を見ていて思ったのですが、中古車情報として出回っているムルシエラゴの多くは10年落ちの車両。それでも2,500万円を超えている車両がほとんど。このあたりは、その時々によって違ってきますが、問題なのは、10年落ちのスーパーカーを自分が購入したとして、きちんと維持していけるかという事。

僕が普段乗っている車は新車で購入して10年がたつのですが、経年の変化をそれなりにうけています。

そういったことを考えていると、この先、10年落ちくらいのスーパーカーを購入して、大丈夫なのかという事とともに、欲しいスーパーカーは買えないのではないかと考えてしまいます。

かといって、今すぐに諦められるかというとそれも無理。まずは目標に向かって進む。

 

アヴェンタドールが市場に多く出回るだろうと予想されるのが、次のV12モデルが発売される頃だと考えるのですが、そうするとあと5年ほどかかることに。あと5年もすれば、今の時点で乗りたいと思っている日産GT-Rもモデルチェンジしているのではないかと思います。もしも、次期GT-Rが今のモデルよりも格好良かったらそれもありかなとも思ったり。

まずは、GT-Rの次期モデルの情報が出るころまで今のスタンスで行ってみようと思います。

広告を非表示にする