年間100万円を車に使うとしたら

最近思うところがありまして、年間100万円を車にかけるとしたら、どういった車に乗れて、どのような乗り方ができるのだろうかということ。

ガソリン代や駐車場代といった維持費は除いてという方法で、しかし、税金や保険料、車検まで乗るのであればそういった費用も考慮して、何年で乗り換えればいいのかというのを考えたりします。

なぜこういった事を考えるのかというと、もう少し刺激のある車に乗りたいからという事になります。現在所有している車からスポーツカーに乗り換えれば早いのですが、4人乗り4ドアの車が必須なので、すぐにそういったこともできない状況です。

現在自動車を1台と大型バイクを1台所有しているので、現段階で増車を考えているわけではありません。軽自動車くらいであれば1台くらいは増やしても負担にならないのだと思うのですが、おそらくそれでは物足りなさを感じると思います。

あと何年かしたら4ドアの車が必須というわけではなくなるので、それまでに年間100万円でのカーライフを検討してみようといったところでしょうか。

 

さて、本題に戻ります。

購入であれ、カーリースであれ、税金と保険料を差し引くと、毎月の金額は思ったほど多くないので、相対的に高額車を購入するのはなかなか難しいのではないかと考えます。保険と税金で20万円支払ったと仮定すると、残りは80万円。毎月7万円ほどの支払が可能という計算になります。これは、車検代を資産に入れていないので、3年以内に乗り換えるのが前提の考え方になります。

およそ3年で購入価格から50%は買取価格が下がるのが一般的だと考えると、480万円前後の車しか購入できないという事になってしまいます。そう考えるとやはり大した車を購入することができないのだなと思ってしまいます。ベンツならAクラスといったところかもしれませんが、Aクラスは値下がり率がもっと大きいように思えます。

単純に300万円程度の新車を購入すれば3年で0になることはないと思うので、それも有りなのかもしれません。また、値崩れがこれ以上しないような中古車を購入というのもひとつの手で、乗り換え時点でも現行のスポーツカーの中古車であれば意外と価格が下がらないのではないかと考えたりもします。