Gordon Murray T.50 デビュー

f:id:JakeKizuki:20200805205903j:plain

ゴードンマレーオートモーティブT.50がついに登場しました。

ゴードンマレー本人による正当なマクラーレンF1の後継機ということでゴードンマレーオートモーティブによって製作されたこのT.50。

当然ですが、マクラーレンからのリリースではありません。

デザインは、なるほど、先のF1と通ずるところがあり、ゴードンマレーが正当な後継機と主張することのだけはあるデザインだと思います。

f:id:JakeKizuki:20200805205915j:plain
f:id:JakeKizuki:20200805205948j:plain
f:id:JakeKizuki:20200805210044j:plain
f:id:JakeKizuki:20200805210102j:plain


重量はわずか986kg。なんとこの車重なのに、4.0リットルV12エンジンを搭載しているのです。出力は654馬力でトルクは467Nm。最新のスーパーカーの数値と比べると低く思えるこの数値ですが、車重を考慮すれば必要以上の出力という事になります。

さらに、この車の特徴として、ファンを搭載している、ファンカーということ。これでナンバーが取得できるとなれば、ハイスペックな公道走行可能のファンカーが放たれるという事になります。

f:id:JakeKizuki:20200805210119j:plain

 

シャーシとボディの両方がカーボンファイバーであり、コンポーネントは信じられないほど軽量です。Gordon Murray Automotiveは、モノコックと外装パネルの重量が150キログラム未満であると主張しています。

f:id:JakeKizuki:20200805210223j:plain

背面には400mmのファンが取り付けられ、T.50の最も魅力的な機能の1つです。この部分のデザインについては賛否が分かれるのではないかと個人的には思います。こちらは48Vのモーターで作動して、最大7,000 rpmで回転。アクティブリアスポイラーおよびディフューザーと連動して、通常の運転ではダウンフォースを50%、またはブレーキモードでは100%増加するとのこと。このシステムは、エンジンのラムエア誘導としても機能し、パワープラントの出力を約50ps増加させるとのこと。ラムエアによってそれだけパワーが上昇するのにはちょっと驚きです。

 

f:id:JakeKizuki:20200805210205j:plain

T.50のパフォーマンスとテクノロジーがコンパクトな設置面積で提供されることは注目に値します。車両の全長は4,352mmで、これはポルシェ718ケイマン短いとのことで、随分とコンパクトにまとめたという印象です。マクラーレンF1もかなり全長が短かったので、その辺りのノウハウはさすがだと感心します。

f:id:JakeKizuki:20200805205954j:plain


 

エンジンは コスワース製。レッドゾーンは12,100回転というまさにレース用エンジンその物のスペック。重量はおよそ178kgで、最も軽量なV12ユニットであると主張しています。 

f:id:JakeKizuki:20200805210137j:plain

このV12エンジンには6速マニュアルギアボックスを介して動力が伝達されることになり、同社は歯車を介してギアシフトを切り刻む際に、理想的に軽くてさわやかな感触が得られるように特別な注意を払ったと語っています。

f:id:JakeKizuki:20200805205934j:plain

コクピットマクラーレンF1譲りの3座席で、ドライバーを中央に座らせ、2人の乗員をパイロットの脇に置くものとなります。

チタンペダルにまで軽量化の努力が見受けられ、かなり肉抜きされたものに仕上がっています。

f:id:JakeKizuki:20200805205929j:plain



Gordon Murray Automotiveによれば、T.50の生産台数は100台。

価格は236万ポンドと予定しています。気になる生産時期ですが、2022年1月に始まり、最初のデリバリーは、その年の後半という予定です。

 

Gordon Murray's T.50 Supercar

motorsport.tv

たまにはホテルでランチでも

f:id:JakeKizuki:20200803231836j:image

もともと食にこだわりもなく、出かけることもあまり好きではないので、休日は家にいる事が多いのですが、外で昼食をとることになりました。

f:id:JakeKizuki:20200803231914j:image

朝はパンかシリアルにコーヒー、昼は米が食べられれば、夜はタンパク質を取れればいいなという感じで、特に美味しいものをたくさん食べたいという願望はあまりなく、美味しくないものや嫌いなものを食べたくないといった子供と同じ様なメニューの選び方で食事をしています。

f:id:JakeKizuki:20200803231909j:image

こういったご時世なので、外食はあまり気が進まないのですが、経済を少しでも回そうという建前ですね。

そのホテルは大きな会議や祝いの席などの会場を持っており、こういったご時世なので、ランチスペースがレストランではなく、大きな会場に僅か10ほどの丸テーブルがかなり距離をとって設置されており、ひと組につきひとテーブルを使用してメニューが提供されるといったスタイルでした。

ランチなので、それほど金額も高くなく、もしかしたら、普通ならテーブルチャージの金額だけで料理の金額なんて入っていないのではないかというくらいの価格でした。

こういう状況なので、どこも努力をして営業しているのだなと実感させられました。

 

 

ランボルギーニ製ハイパーカー ESSENZA SCV12発表

f:id:JakeKizuki:20200730213111j:plain

ランボルギーニは、サーキット専用のハイパーカー『ESSENZA SCV12』を発表。

今回の生産台数は40台とかなり希少なモデルとなっています。

Essenzaは英語のEssenceにあたる言葉で、日本語で言うところのエッセンス。

このところ、ランボルギーニの発表する車名は牛由来ではないですね。

さて、このSCV12、最高出力は830馬力で、ランボルギーニ史上最強の自然吸気V12エンジンを搭載しているサーキット専用車両。

このV12型エンジンはアヴェンタドールのエンジンをベースとしてチューニングされたもののようです。これに組み合わせられるのはX-trac製6速シーケンシャルミッションで、その動力は後輪に伝えられます。

デザインには現行モデル同様のヘキサゴンが各所に取り入れられています。また、フロントフードのデザインはエレメントやウラカンGT3モデルのような形状となっていて、こちらもランボルギーニデザイン言語に則したものとなっていますね。

 

f:id:JakeKizuki:20200730214259j:plain
f:id:JakeKizuki:20200730214243j:plain
f:id:JakeKizuki:20200730214216j:plain
f:id:JakeKizuki:20200730214206j:plain
f:id:JakeKizuki:20200730214158j:plain

f:id:JakeKizuki:20200730214232j:plain

f:id:JakeKizuki:20200730214308j:plain
f:id:JakeKizuki:20200730214314j:plain

f:id:JakeKizuki:20200730214223j:plain

驚くべきことに、このSCV12、サーキット専用モデルにも関わらず、ロールケージを装着しておらず、新開発のカーボンモノコックにより、そのままの状態でもFIAの安全基準を達成しているとのこと。

SCV12が走行中に発生させるダウンフォースは250km/h時に1,200kgというパワー。効率のみでいえば、GT3車両よりも優れるという事から、その性能の高さが伺えます。

 

www.lamborghini.com

年間100万円を車に使うとしたら

最近思うところがありまして、年間100万円を車にかけるとしたら、どういった車に乗れて、どのような乗り方ができるのだろうかということ。

ガソリン代や駐車場代といった維持費は除いてという方法で、しかし、税金や保険料、車検まで乗るのであればそういった費用も考慮して、何年で乗り換えればいいのかというのを考えたりします。

なぜこういった事を考えるのかというと、もう少し刺激のある車に乗りたいからという事になります。現在所有している車からスポーツカーに乗り換えれば早いのですが、4人乗り4ドアの車が必須なので、すぐにそういったこともできない状況です。

現在自動車を1台と大型バイクを1台所有しているので、現段階で増車を考えているわけではありません。軽自動車くらいであれば1台くらいは増やしても負担にならないのだと思うのですが、おそらくそれでは物足りなさを感じると思います。

あと何年かしたら4ドアの車が必須というわけではなくなるので、それまでに年間100万円でのカーライフを検討してみようといったところでしょうか。

 

さて、本題に戻ります。

購入であれ、カーリースであれ、税金と保険料を差し引くと、毎月の金額は思ったほど多くないので、相対的に高額車を購入するのはなかなか難しいのではないかと考えます。保険と税金で20万円支払ったと仮定すると、残りは80万円。毎月7万円ほどの支払が可能という計算になります。これは、車検代を資産に入れていないので、3年以内に乗り換えるのが前提の考え方になります。

およそ3年で購入価格から50%は買取価格が下がるのが一般的だと考えると、480万円前後の車しか購入できないという事になってしまいます。そう考えるとやはり大した車を購入することができないのだなと思ってしまいます。ベンツならAクラスといったところかもしれませんが、Aクラスは値下がり率がもっと大きいように思えます。

単純に300万円程度の新車を購入すれば3年で0になることはないと思うので、それも有りなのかもしれません。また、値崩れがこれ以上しないような中古車を購入というのもひとつの手で、乗り換え時点でも現行のスポーツカーの中古車であれば意外と価格が下がらないのではないかと考えたりもします。

フォードマスタングマッハ-E 1400

f:id:JakeKizuki:20200721220109j:plain

フォードマスタングマッハ-E 1400は、EVのマッハ-Eのレーシングプロトタイプ。

このフォードマスタングマッハ-E 1400は、7基のモーターを搭載し、合計1,400馬力(1,011キロワット)を発生させ、電力の供給源であるバッテリーはは56.8キロワットを生成する高性能版。

このカスタマイズされたボディは、時速160マイル(時速258キロ)で2,300ポンド(1,043kg)を超えるダウンフォースを発生させるとのこと。

この7基のモーターの構成ですが、前輪に動力を供給する3つのモーターと、後車軸を回すための4つのモーターを搭載。これにより、様々なレースに対応することが可能となっているようです。

f:id:JakeKizuki:20200721220141j:plain
f:id:JakeKizuki:20200721220145j:plain

 

f:id:JakeKizuki:20200721221524j:plain

f:id:JakeKizuki:20200721221529j:plain

RTR Vehiclesの創設者でありプロのレーサーでもあるVaughn Gittin Jrは、次のように述べています。

The Mustang Mach-E 1400 comes from about 10,000 hours of collaboration between Ford Performance and RTR. It uses an actual Mach-E body-in-white as the starting point but with extensive modification. The adaptable drivetrain lets the team swap between front-, rear-, and all-wheel-drive layouts. Depending on whether the crew wants to take the vehicle on the track or drift, there are different control arms and steering setups.

 

「マッハ-Eは 、Ford PerformanceとRTR Vehiclesがおよそ10,000時間費やして完成させた。マッハ-Eのホワイトボディーから大幅にセッティングを変え、モディファイしていった。駆動方式は、FF、FR、AWDといったようにレイアウトを切り替えが可能となっている。乗務員(ドライバーという事だろう)はトラック(サーキット)、ドリフトといった異なるコントロールを必要とするのセッティングを可能とする。」といった感じでしょうか。多少間違った意訳があるかもしれませんが。


 

アヴェンタドールSVJロードスター Xago

f:id:JakeKizuki:20200720215746j:plain

アヴェンタドールSVJロードスターXagoが発表されましたが、限定モデルを出しすぎなのではないかと思います。

しかし、格好良いのは間違いありません。

10台のみの限定で、もちろんアドペルソナムプログラムによって製作されるモデルという事になります。

デザインはランボルギーニお馴染みの六角形が基調とされ、美しく、力強くまとめられています。

f:id:JakeKizuki:20200720215811j:plain

f:id:JakeKizuki:20200720215842j:plain
f:id:JakeKizuki:20200720215831j:plain

ランボルギーニのWebサイトを見ると、エクステリアに120時間、インテリアに80時間という製作時間が費やされているようです。

f:id:JakeKizuki:20200720215851j:plain

www.lamborghini.com

ランボルギーニ シアン

f:id:JakeKizuki:20200719134824j:plain
ランボルギーニ アヴェンタドールベースの限定車かつ、初の量産型ハイブリッドカー

エンジンは、アヴェンタドールアヴェンタドールのV12型を785psまでチューニングして、これに34psを発生するモーターを組み合わせたハイブリッドシステムとなり、合計出力は819psとのこと。

f:id:JakeKizuki:20200719135845j:plain

そもそも、シアンとはイタリア語でどういった意味なのかという事ですが、これは、閃光や稲妻といった意味です。

f:id:JakeKizuki:20200719134855j:plain

シアンのパワーユニットは、ハイブリッドシステムではあるものの多くのハイブリッドモデルの様に、リチウムイオンバッテリーに電力をを蓄積する方法ではなく、スーパーキャパシタ・ユニットを搭載しています。

ja.wikipedia.orgスーパーキャパシタはV12エンジンの前方に搭載され、減速時に蓄積されたエネルギーが、時速130km/h以下の時に、ドライバーの遺志によりパワーブーストとして利用できるようになっています。

ランボルギーニ・シアン・クーペの生産台数は63台、ロードスターは19台となっており、ヴェネーノよりはかなり多いですが、フェラーリなどの通常の限定車都市比べると、その数は極端に少ないと思います。
因みに、この63台と19台は1963年のランボルギーニ設立の年からきています。
最近、ランボルギーニはかなりの頻度で限定車を出しており、これは商業的にはしかたがないと思う一方、僕ら一般市民からしてみれば、市場にすら出てこない、ましてや実際に実物を目にすることなどもないようなモデルというのは、CGアーティストのレンダリング画像とあまり変わらないと思えてしまい、少し寂しい気がします。

 実際に、シアンは発表前には完売となっています。

f:id:JakeKizuki:20200719135225j:plain

内装は、現行のランボルギーニデザイン言語を踏襲しており、アヴェンタドールSとウラカンEVOのデザインを融合したものとなっているのが見て取れますね。

 

そろそろアヴェンタドールの後継車が発表されるタイミングだが、アヴェンタドール後継車にはハイブリッドシステムは搭載されないのではないかという見方が強いようです。

www.lamborghini.com