Mmarmaladesky’s diary

マーマレードスカイ 車の記事を中心に書いています

ケーニグゼグ ジェスコのエンジンを披露

f:id:JakeKizuki:20211125204637j:plain

アイドリングの回転数から僅か0.231秒で7,800rpm

この夏に生産が開始されたケーニグゼグ ジェスコ。価格は285万ドルからと、スペックも価格もかなりのものとなっています。

ジェスコに搭載されるエンジンは、ケーニグゼグ製5.0リッターV型8気筒ツインターボをチューニングしたものです。

エンジンの軽量化とレスポンスの向上を目指して開発されています。従来装備されるフライホイールクラッチが無く、重量はわずか98kg。これに専用のトランスミッションが組み合わせられています。

その結果、アイドリング状態から僅か213ミリ秒でレッドゾーン付近のの7,800rpmまで吹け上がります。

エンジンのスペック

5.0リッターツインターボV型8気筒エンジンは1,600馬力(1,193kW)もの出力を発生。最大トルクはこちらも驚異の1,500Nmを発生します。レッドゾーンは8,500rpmから。

生産台数とデリバリー

生産台数は125台。価格は285万ドルから400万ドル。デリバリーは2022年春頃開始予定となっています。

エンジンの吹け上がる様子を映した動画はこちら