フェラーリ488 GT Modificataデビュー

f:id:JakeKizuki:20201128160546j:plain

フェラーリはサーキット専用モデルの488 GT Modificataを発表しました。

488 GT Modificataは、488GTEと488GT3のテクノロジーを採用したもので、フェラーリはそれを両者(両車)の “a perfect synthesis” と呼んでいます。

f:id:JakeKizuki:20201128160616j:plain

しかし、フェラーリは単にストックのパーツを流用して新しいモデルを作るだけではありませんでした。FIAのパフォーマンスバランス規制を気にすることのないモデルであるため、エンジンを大幅にアップグレードし、最大出力が約700馬力(521kw)までチューンナップしました。結果的にフェラーリがGTEとGT3の出力を上回るものとなっています。そのパワーを受け止めるのは、カーボンファイバー製のクラッチと、さまざまな比率を実現するギアボックスとなります。

また、全体的な抵抗を増加させることなく圧力センターを前方にシフトすることにより、フロントでのダウンフォースを増加させるために改良されています。時速230キロメートルで1,000キログラム以上のダウンフォースを発生。加えて、カーボンファイバー製のボディ(アルミニウム製のルーフとアップライトを備えています)の下には、GTEのサスペンションがあり、ブレーキは、Bremboとのパートナーシップで開発され、GTModificata用に調整された488GT3EVOのABSとペアになるシステムが採用されています。

f:id:JakeKizuki:20201128160609j:plain

レースカーには、V-BoxやBremboなどのデータ収集システムが搭載されています。データをUSBスティックに直接ダウンロードして、簡単に転送可能。その他の標準機能には、高解像度のリアビューカメラ、セカンドシート、圧力と温度の両方を追跡するタイヤ空気圧監視システムが含まれます。ほとんどのフェラーリレースと同様に、488 GT Modificataの生産は限定されており、当初はフェラーリのCompetizioniGTまたはClubCompetizioniGTシリーズに最近参加したドライバーのみが対象となるとのことです。