本物を知って本物を否定しない生き方をしたい

f:id:JakeKizuki:20201009233610j:image

本物を知らずに否定してしまう事が何となくある気がします。

自分に手が届かないから否定してしまう。童話の『酸っぱい葡萄』の話ですね。

僕は、出来るだけ本物を知っておきたいと思うし、本物を否定する人の否定もしないようにしたいと常々心がけています。

それは、本物を知らなくても本物を否定する人の気持ちもわかるからでしょう。

但し、自分が本物を知らないのに、本物を否定するのだけは避けようと思っています。

出来るだけ本物を知っていくのが、その近道なのだろうと思います。勿論、本物を知ることができない事は沢山あることをわかっているつもりです。本物のお金持ちの生活なんかは、経験したくても、今の僕にはできません。

それでも、少しお金を出せば、そういった本物を体験する事は結構あると感じます。

食、サービス、芸術。このあたりは全てではなくてもある程度の金額を払えばそれなりのクラスの経験をできると思います。数万円払えばコースの食事ができ、一流のサービスが受けられる。宿泊(宿代)に数十万出せばその部屋と景色とサービスが体験できる。芸術品を実際に手に入れるのはかなりハードルが高いが、数千円から1万円程度で芸術作品を実際に見たり、鑑賞したりすることができる。1回の料金として考えれば確かに高い金額ではあるが、1度体験すれば、その後においても、本物を知っているという知識と体験という形で蓄積される。毎回の食事をコースメニューというのは無理だが、そういう世界を知っていれば、本物を否定することもなくなるのではないかと思う。

一応、車の事を多く書いているので、車を例にとってみると、例えば、高級車のディーラーは対応が悪いなどと、イメージだけで話をする人がいるが、実際に足を運んでみるとわかるが、高級ディーラーほど、どういった人に対してもきちんと時間をかけて対応してくれるのではないかと感じます。

こういった、イメージだけで話さないためにも本物を体験するのは良い事ではないでしょうか。