Mmarmaladesky’s diary

マーマレードスカイ 車の記事を中心に書いています

古い機械はダメなのか? 【ギター】

楽器は古くなるとヴィンテージとして取り扱われ、価値の付くものが一定数存在します。それはエレクトリックギターについても同じ。

では、そのギターの音を出す装置はどうなのかということです。

 アンプの類には多少のヴィンテージ品が存在しますが、楽器よりは流通量や価値が少ないのではないかと感じています。

それよりも、コンパクトなもの、エフェクターやシミュレーターといったもの。

単体のエフェクターには、確かに希少価値ゆえにかなり高額なものもありますが、マルチエフェクターやアンプシミュレーターにはそういった物が存在していないのではないかと思います。

それでも、僕は昔使用していた機材を最近引っ張り出して聞いています。

最近のシミュレーターはどこまで性能が向上しているのか情報があまりないのですが、今使っているアンプシミュレーターはとても心地よいクリーンサウンドをヘッドホンをとおして聞かせてくれます。

かつて、VOXが発売していたTone Labという青いシミュレーターのブティックアンプをレスポールのフロントピックアップで引いたクリーンサウンドはとても心地が良いです。最近の機材の様に飛び道具的な音を出す事はできませんが、基本的なエフェクターをその中で完結させられるので、夜中の練習には丁度良い。

しばらく弾き倒したら、また新しい機械でも物色してみようと思います。

車もそうだが、古かろうが、派手だろうが、使う人が気持ちよく運転出来ればそれでいいのではないかと考えます。