Mmarmaladesky’s diary

マーマレードスカイ 車の記事を中心に書いています

そして僕はギターに逃げる

なかなか車の購入資金が貯まらなくて、ギターに逃げている僕ですが、それだけではなく、最近欲しい機材がいくつかあるというのも理由の一つかもしれません。

ただし、今の機材に不満があるわけではなく、ちょっと気分を変えたいので追加で機材が欲しいということ。今回欲しいと考えている機材はマルチエフェクターというか、アンプシミュレーターというか、どちらかと言えば、移り変わりの激しいデジタル機材。

 僕は、デジタル機材を否定するわけではないのですが、あっという間に新しい機材が出て、価値が薄れていく事に、ちょっと大金を投じるのを躊躇してしまいます。

今回は、空間系エフェクトが欲しいので、ちょっと高いコンパクトエフェクターでも良いかとも思っているのですが、機材は見た目から入る方なので、出来れば大きめのペダルボードタイプ、もしくはラックタイプにペダルボードのセットという機材が欲しいところ。

 

デジタル機材に大金を投じたくないといっても、実機の真空管ギターアンプだけでも現在4台(ヘッドアンプ2台、パワーアンプ1台、コンボアンプ1台)に12インチ×4発のスピーカーキャビネットを所有しているので、ちょっと感覚が麻痺している感じではありますが、欲しい機材は20万円から40万円ほどの物。デジタル機材に僕はまだそこまで出せません。

しかし、現在よく耳にするギターの音のほとんどは、こういったデジタル機材でレコーディングされているのではないかという事も事実。そうなると、デジタルの音こそ本物の機材の音と感じる若い世代も多いのではないかもしれません。

こういった変化は自動車に対する若者の考え方にも通ずるところがあるのではないでしょうか。

 

さて、自分のスタジオでは本物のチューブアンプと最高のギターを使って決して上手くはないが、自分にとって最高の音を奏でることができる環境にいるわけですが、毎日スタジオで大音量というわけにはいかず、リビングではシミュレーターとヘッドホンに頼って弾いています。

それでも満足な音を出す事ができ、どうしても新しい機材が欲しいというわけでもなく、新しい機材を買ってしまうと、手に入れたという満足感から、その機材をまともに使わないという事がよくあるので、今はギターの機材よりも、ギターを弾くことに逃げている感じです。そういったときの方が、また、かえって上達するのかもとも思います。

 

現在は、ちょっと節約中なのと、欲しい機材を絞れていないので、まだこの機材選びのワクワク感を楽しみたいと思っています。