Mmarmaladesky’s diary

マーマレードスカイ 車の記事を中心に書いています

日本の企業がEV界へ一石を投じる 最速を狙うEVスーパーカーを開発中

f:id:JakeKizuki:20170905203542j:plain

日本の企業がプロジェクトとして進めているこ『アウル』という名のEVスーパーカー

株式会社アスパークという人材派遣などを主としている会社とのこと。

フレームの写真や、テストの様子がネットにアップされていますが、どこまでタイムを出せるのかちょっと疑問なところもあります。

0-100km/h加速2秒以下と謳っていますが、いくら4WDのEVで、軽量に作られるとしても本当に実現できるのかどうかはちょっと疑問です。

EVスーパーカーといってもハイテク満載といった感じではなく、0-100km/hの記録狙いの車両の様に見えますが、仮に0-100km/h加速アタックのために制作されるとすれば、バッテリーの容量も減らせるので、それだけ軽量化をすることが可能となり、直線加速だけならもしかするともしかするかもしれませんね。

f:id:JakeKizuki:20170905204409j:plain

f:id:JakeKizuki:20170905204427j:plain

f:id:JakeKizuki:20170905204447j:plain

f:id:JakeKizuki:20170905204508j:plain

f:id:JakeKizuki:20170905204524j:plain

f:id:JakeKizuki:20170905204540j:plain

f:id:JakeKizuki:20170905204601j:plain

f:id:JakeKizuki:20170905204619j:plain

公道走行はできなさそうなデザインですが、結構好みです。

カーボンではなく違う素材を使って、1,000万円くらいで公道走行可能車両として出してくれたら購入してみたいと思ってしまいます。