MENU

□ランボルギーニ(Lamborghini)

スーパーカーブロンディーによる Lamborghini Vision GTのレポート動画

スーパーカーブロンディーによるLamborghini Vision GTの動画が公開されています。 画像だけで見た時は、それほどかっこよいと思わなかったのですが、動画で見るとかなり良いですね。 プレイステーションのソフトであるグランツーリスモ内の動画と思われる走…

ウラカンSTOスパイダーのレンダリング

現時点で、ウラカンSTOはクーペのみが発表されています。おそらく、いつものランボルギーニであれば、この後スパイダーを登場させるのだろうと予想できます。 現時点では何の情報もないSTOスパイダーですが、早くもCGアーティストによるレンダリング画像が投…

Lamborghini Huracan STO

ウラカンSTOが発表されましたね。 レーシングカーそのままの様なデザインで発表されたSTOですが、インテリアは、ウラカンEVOとあまり変わらないデザインとなっているようです。 スペックは以下のとおり。 最高出力640ps/8,000rpm 最高速度310km/h 0-100km/h…

ランボルギーニウラカンEVO STOのティザー動画が公開

もうすぐ発表となるランボルギーニウラカンEVO STOのティザー動画が追加されています。 サーキット直系のそのスペックはどこまで凄いのか楽しみです。 www.lamborghini.com

ランボルギーニ ウラカンに新しいモデルが追加

ランボルギーニは、11月18日に、新しいV10モデルを発表するとアナウンスしました。 この画像から、おそらくウラカンEVO STOではないかと思われます。STOについては以前から目撃されているので、間違いないと思われます。 ウラカンEVOのSTOは『Super Trofeo O…

これは精巧に作られた偽物です!カウンタックのレプリカがカッコいい

このカウンタックにマルボロカラーという奇妙な組み合わせ。 実は、このカウンタックはレプリカ。 これを製作したのはタイの俳優ビーム氏。 車両前方部はヒュンダイ(車種不明)が使用されており、後方部はカスタムメイド。 ドライバーの後方に収まるエンジ…

フェルッチオが愛したカウンタック

まず、この動画に登場する、ティレルのクラシックワークショップの人物、イアンティレルについて話しましょう。F1の大御所ケン・ティレルの遠い親戚であるイアンは、ほとんどの時間をクラシックカーの修復に費やしています。その多くはランボルギーニ。 彼は…

Youji YamamotoデザインのアヴェンタドールSが公開される

東京六本木にオープンしたランボルギーニ ザ・ラウンジにおいて公開のYamammoto AVENTADOR S。 ペイントだけで物の印象はかなり変わって見えます。 デザインや芸術の世界は、見る人によって好き嫌いがあり、ただし、有名な人が描いたものは正しいと普通の人…

ランボルギーニ アヴェンタドールSVJ63のプロテクションフィルム施工動画

SVJ63ロードスターへのプロテクションフィルム施工の動画が公開されています。 この難しいボディーラインに奇麗に施工しています。 かなりの技術が無ければ施工できない難易度ですが、動画を見ているとなんだか簡単に施工できそうなのがとても不思議な感じで…

ランボルギーニはまた限定モデルを製作中か

ランボルギーニは新たにスピードスターモデルを計画中かもしれません。 ランボルギーニのスピードスターといえば、アヴェンタドールJを思い浮かべますが、今回のベースはアヴェンタドールSVJのようにも見えます。 この画像はSquadra Corseのソーシャルメディ…

ランボルギーニ アヴェンタドールの生産台数が1万台を突破

なんと、アヴェンタドールのシリーズ生産台数が10,000台に達したとのこと。 ランボルギーニ製V12気筒エンジン搭載モデルとしては、かなりの生産台数に達したことになります。 アヴェンタドールが生産される前のランボルギーニのV12気筒エンジン搭載モデルの…

ランボルギーニ製ハイパーカー ESSENZA SCV12発表

ランボルギーニは、サーキット専用のハイパーカー『ESSENZA SCV12』を発表。 今回の生産台数は40台とかなり希少なモデルとなっています。 Essenzaは英語のEssenceにあたる言葉で、日本語で言うところのエッセンス。 このところ、ランボルギーニの発表する車…

アヴェンタドールSVJロードスター Xago

アヴェンタドールSVJロードスターXagoが発表されましたが、限定モデルを出しすぎなのではないかと思います。 しかし、格好良いのは間違いありません。 10台のみの限定で、もちろんアドペルソナムプログラムによって製作されるモデルという事になります。 デ…

アヴェンタドールの中古価格はもうすぐ下がる?

つい先日まで、アヴェンタドール(クーペ)の中古車は一般市場におよそ80台だったが、この数日で90台ほどまで増えています。 これは、初期型からSVJまでの台数ですがまだ納車からそれほど時間が経過していない限定車のSVJですら、数台が中古車市場に流れてい…

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJとマクラーレン720の加速競争

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJとマクラーレン720の加速競争の動画です。 冒頭と後半には、SVJでドーナツターンを行っている映像があり、僕の様な一般人から見ると、とてももったいないなと思ってしまいます。

フェラーリサービスセンターに行ってきました。

ディーラー系サービスセンター店舗に行ってきました。 外には数台の現行型等の車両がありましたが、こちらはもしかしたらお客さんの物かもとった状態。

Lamborghini AVENTADOR SVJ ロードスター

ランボルギーニは、フォルクスワーゲングループのプレビューイベント「フォルクスワーゲングループナイト」で『Aventador SVJ ロードスター』を公開しました。

オートヴェローチェのアヴェンタドール用ボディキット

東京オートサロン2019にも出展されたオートヴェローチェのボディーキット。 チェンテナリオっぽいデザインとなっていますが、独自性もきちんと出ているのではないでしょうか。

このアヴェンタドールSが格好良い

カーセンサーに掲載されていたランボルギーニ・アヴェンタドールSですが、このフロントスポイラーのフィンをブラックアウトしているのが、アヴェンタドールSVのような感じでかっこい良いと感じました。

このランボルギーニ・ウルスがカッコイイ

Vorsteinerのデザインプログラムのウルスのようです。車高が低く描かれているので、それだけでも印象が随分と違いますね。

ランボルギーニ・ウルス レース仕様

ランボルギーニ・スクアドラ・コルセは、レースイベント「ランボルギーニ スーパートロフェオ」の舞台で、スーパーSUVを標榜するウルスのレース仕様「ウルス ST-Xコンセプト」を披露すると明らかにしました。

ランボルギーニSC18

ランボルギーニはワンオフモデルとなるSC18を発表しました。 これは、ランボルギーニのレース部門である「スクアドラ・コルデ」初となるワンオフモデルとのことです。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSとテスラモデルX・P100Dの加速対決

ランボルギーニ・アヴェンタドールSとテスラモデルX・P100Dの加速対決の動画になります。

ランボルギーニ アヴェンタドールSVJに搭載されるVLV2.0

ランボルギーニ アヴェンタドールSVJに搭載されるVLV2.0の解説動画が公開されています。ランボルギーニ アヴェンタドールSVJがサーキットを早く走れる理由は、このALAが搭載されているからということになります。

アヴェンタドールSVJ走行映像

やっぱり走行しているアヴェンタドールは格好良い。 走っていなくても格好良い。 すでに完売となっているSVJですが、オープンモデルについても割当枠は既に埋まってしまっていると思われます。

憧れはとは自分が近づくための存在

憧れ、夢、目標。言い方は違えど、同じような表現で纏められる言葉たち。 夢は叶えるものであって、ただ見ているだけでは意味がなく、目標は到達しないと意を成さない。憧れも指を咥えて眺めているだけでは近づくことはできない。 言葉にしてしまえば、簡単…

Lamborghini Aventador SVJ

アヴェンタドールSVJがついにデビューしましたね。 900台の限定で、価格は5,154万円。これにオプションを入れたらいくらになるのか気になるところ。

これは素直に格好良い リバティーウォークのアヴェンタドールS用エアロパーツ

アヴェンタドールS用のボディキット出ていたんですね。

Lamborghini Aventador SVJ ティザーイメージ

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJのティザーイメージです。 フロントフードと思われる1枚の写真が公開されています。

見慣れると格好良い アヴェンタドールS

アヴェンタドールSが登場した時は、アヴェンタドールの方が絶対的にかっこい良いと思っていました。しかし、見慣れてくれば、アヴェンタドールSの方が格好良いのではと感じるようになりました。