日産GT-Rに50周年記念車登場

f:id:JakeKizuki:20190418212210j:plain

日産自動車は『GT-R』と『GT-R NISMO』の2020年モデルを発表。また、生誕50周年を記念した特別仕様車『50th Anniversary』を設定しました。

 3.8リッターV6ツインターボエンジンには、これまでGT-R NISMOにのみ採用してきたターボ効率化技術「アブレダブルシール」を新たに採用。レース用ターボチャージャーで広く使われているこの技術により、吸入した空気の漏れを最小限に抑え、ドライバーの加速意図に即座に応えるレスポンスを実現。

f:id:JakeKizuki:20190418212736j:plain

2018年のGT3レーシングカーから使用している新型ターボチャージャーを採用した上で、NISMO用のタービンブレードはその枚数を減らすとともに最新の流体・応力解析によって形状を変更。出力を落とすことなく、約20%のレスポンス向上を実現。重心点から遠いルーフやエンジンフード、フロントフェンダーにカーボン素材を用いることで、軽量化とコーナリング性能を強化。特にルーフはカーボン素材の間により低比重の材料を挟むサンドイッチ構造とすることで、より軽量化することに成功。これらの外装部品の装着により、約10.5kgの軽量化を達成しています。

f:id:JakeKizuki:20190418212851j:plain

f:id:JakeKizuki:20190418212859j:plain
RECAROシートも新開発とされており、車両とドライバーとの一体感を高めたほか、カーボンシェルにコアフレーム構造を追加することで軽量化と高剛性化を実現。

2020年モデルの「プレミアムエディション」をベースとするGT-R 50th Anniversaryは、日本グランプリシリーズで活躍したGT-Rレーシングカーのエクステリアをモチーフとした、ステッカーによるツートンカラーが特徴的。

2020年モデルの新色として設定されたワンガンブルーには専用ホワイトステッカーを組み合わせ、往年の日産のレースチームカラーを再現。

このほか「ブリリアントホワイトパール」にレッドステッカー、「アルティメイトメタルシルバー」にホワイトステッカーと、計3種の組み合わせを設定。

 

価格はボディーカラーによって異なり、ワンガンブルーが1351万6200円、ブリリアントホワイトパールが1319万2200円、アルティメイトメタルシルバーが1347万3000円。2020年3月までの期間限定モデルとして、2019年6月に発売予定とのこと。