Bugatti La Voiture Noire

f:id:JakeKizuki:20190309234939j:plain

ジャン・ブガッティ生誕110周年を記念したワンオフ

2019年は、ブガッティ社を1909年に設立したエットーレ・ブガッティの息子であり、デザイナーとして、またエンジニアとしても多彩な才能を発揮した、ジャン・ブガッティの生誕110周年に相当する年。

 ランボルギーニからアウディ・スポーツを経てブガッティの社長へと転身したステファン・ヴィンケルマンにとって、この2019年はブガッティの歴史、そしてブランドとしての価値を再考するにはベストなタイミングと考えられた。

f:id:JakeKizuki:20190309235402j:plain

f:id:JakeKizuki:20190309235439j:plain

今回ジュネーブで発表された新作は、「ラ・ヴォワチュール・ノワール」と「シロン・スポーツ110」の2台。

f:id:JakeKizuki:20190309235538j:plain

モチーフとなったのは、伝説の「57Cクーペ・アトランティーク」

ラ・ヴォワチュール・ノワール、日本語に訳せば「黒いクルマ」という、いかにもシンプルなネーミングだ。それはジャン・ブガッティが57Cクーペ・アトランティークを常々こう呼んでいたからとのこと。

デザインモチーフとなっているのは、もちろんそのジャン・ブガッティがデザインした、タイプ57SCクーペ・アトランティークで、そのモチーフを現在ブガッティが生産するシロンをベースに現代的に解釈し、いかに採り込んでいくかにエティエンヌ・サロメ率いる、ブガッティのデザインチームは悩んだとのことです。

またクーペ・アトランティークのプロトタイプには、軽量化のためにアルミニウム合金やマグネシウム合金が使用され、そのためにボディの各所をリベットで接合する必要もあったのだが、より軽量なカーボンがメインの素材となるシロンがベースのラ・ヴォワチュール・ノワールでは、本来ならば必要ない。

ちなみにこのボディーはすべてハンドメイドされます。

f:id:JakeKizuki:20190309235530j:plain

f:id:JakeKizuki:20190309235500j:plain
f:id:JakeKizuki:20190309235505j:plain
f:id:JakeKizuki:20190309235503j:plain
f:id:JakeKizuki:20190309235524j:plain
f:id:JakeKizuki:20190309235520j:plain