Ferrari F8 Tributo ジュネーブモーターショーで発表

f:id:JakeKizuki:20190306230013j:plain

ついに、ジュネーブモータショーで次期V8モデルのフェラーリが公開されました。

エクステリアのデザインは現行の『488GTB』を踏襲しており、車に興味がない人にとっては同じように見えるかもしれません。

 それでも、2台の画像を並べてみると結構違いがあることがわかります。

まず、そのデザインの違いを見比べてみたいと思います。

 

488GTBとF8 Tributoの比較

まずはフロントから

それぞれ、左が488GTBで右がF8 Tributoです。

f:id:JakeKizuki:20190306230551j:plain
f:id:JakeKizuki:20190306230556j:plain

ヘッドライトまわりが大きく変わっており、バンパーもF8の方が立体的なデザインとなっています。

続いてリア

f:id:JakeKizuki:20190306230714j:plain
f:id:JakeKizuki:20190306230718j:plain

リアは変化がわかりやすく、丸目2灯から、最新のデザイン意匠である丸目4灯へと変わっています。個人的には丸目4灯の方が好きです。

そして、インテリア

f:id:JakeKizuki:20190306231030j:plain
f:id:JakeKizuki:20190306231034j:plain

ステアリングのスイッチ類については相変わらずのゴチャゴチャした感じ。僕はこのステアリング周りのスイッチの多さが気に入っています。
大きく違うのはエアコンの吹き出し口のデザインです。あとは、どこからがオプションなのかわかりませんが、ナビシート側には液晶モニターが配されています。

 

F8 Tributoの画像

f:id:JakeKizuki:20190306231549j:plain

f:id:JakeKizuki:20190306231413j:plain
f:id:JakeKizuki:20190306231417j:plain
f:id:JakeKizuki:20190306231419j:plain

f:id:JakeKizuki:20190306231424j:plain

f:id:JakeKizuki:20190306231429j:plain
f:id:JakeKizuki:20190306231434j:plain

f:id:JakeKizuki:20190306231437j:plain

f:id:JakeKizuki:20190306231448j:plain
f:id:JakeKizuki:20190306231451j:plain

f:id:JakeKizuki:20190306231510j:plain

f:id:JakeKizuki:20190306231514j:plain