新型V8ミッドシップ F8 Tributeのイメージを公開

f:id:JakeKizuki:20190301230424j:plain

488GTBの後継となる新世代のV8ミッドシップフェラーリがこの程デビューするとのこと。

気になる名称は『F8 Tribute』。

 488ピスタで採用されたF1由来のフロントのグリル下から取り入れたエアをボンネットから排出するS-Duct。

F8 Tributeではさらに設計を見直しを行い、全体のダウンフォースに占めるS-Ductの割合は15%まで向上したとのこと。

ブレーキ冷却用のエアインテークもバンパー外側のエアインテークと一体化して、ホイールアーチ全体の気流を改善しています。

 

ボディサイズは全長4611mm、全幅1979mm、全高1206mm。

488GTBと比べ43mm長く、27mm広く、7mm低いというもの。

そして、乾燥重量は1330kgと、488GTBよりも40kg軽量というから驚きです。

f:id:JakeKizuki:20190301231040j:plain

コクピットは488GTBのデザインを踏襲。

より小径になった新デザインのステアリングや丸型のエアコン吹き出し口などが大きな変更点。

助手席前には7インチのパッセンジャー・タッチスクリーンディスプレイも装備されています。

ハンドル周りは、488GTBと同様で、たくさんのスイッチ類が装着されており、僕は個人的にこのデザインがかなり好みです。

f:id:JakeKizuki:20190301231418j:plain

てっきり、488の次のモデルは大きくデザインが変わるのではないかと思っていたのですが、全体的に488のフェイスリフトっぽいデザインになっていますね。

個人的には360から430と移り変わり、458イタリアから488GTBでひとくくりのデザインと思っていたのですが、488GTBからデザインがフェラーリに移ったので、488とF8でひとつのデザインのくくりという事なのでしょうか。

f:id:JakeKizuki:20190301231426j:plain

f:id:JakeKizuki:20190301231506j:plain

f:id:JakeKizuki:20190301231510j:plain実車がお披露目されるのはもう少し先になると思われますが、期待して待ちたいと思います。

 

フェラーリF8 TributoフェラーリF8 TributoSPECIFICATIONS

■ ボディサイズ:全長4611×全幅1979×全高1206mm 

■乾燥重量:1330kg 

■エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ 

 総排気量:3902cc 最高出720ps/8000rpm 

 最大トルク:770Nm(78.5kgm)/3250rpm 

トランスミッション:7速DCT 

■駆動方式:RWD 

■ブレーキ:F&Rベンチレーテッドディスク

■パフォーマンス最高速度:340km/h

 0→100km/h加速:2.9秒

 0→200km/h加速:7.8秒