新型スープラ やはり気になるのは価格

f:id:JakeKizuki:20190118215139j:plain

新型スープラが発表されましたが、日本国内での販売価格はまだ発表されていません。

北米での販売価格は上位グレードのRZが$49,990~とアナウンスされています。RZが日本国内で500万円ほどで販売されればかなりインパクトのある価格ではないかと思うのですが、おそらくもっと高額になるのではないかと予想されます。

 JZA80スープラのRZで当時450万円ほどの新車価格だったので、ここから見積もっても最低650万円を超えてくるのではないかと予想しています。

JZA80スープラも、新型スープラも、エンジンは3リッターのターボエンジン。しかし、新型スープラは出力が340psとなっており、JZA80型よりも60psほど高出力化されています。また、トランスミッションは8速ATとなっています。

新型スープラは2シーターとなり、部分的なコストは下がっているのかもしれませんが、時代の流れによる貨幣価値の変化や、材料コストの違い、安全性能にかかわる装備など、価格が高騰する理由は有っても、下がる理由は見つかりません。

しかし、レクサスブランドではなく、トヨタのエンブレムを付けて登場という事は、ある程度価格が抑えられているのではないかという期待もあります。

もうひとつ気になる点があり、新型スープラにも2リッターのモデルが用意されており、SZ-Rは出力258psと、これでもかなり十分なスペックを誇っています。おそらくこのモデルが500万円前後になるのではないかと個人的には予想しています。

もう少し価格が抑えられるかもしれないという希望はあるのですが、それは、同様のスペックを誇るレクサスRCの存在。

こちらは、2リッターのモデルが556万円から、3.5リッターV型6気筒モデルが636万円からとなっていること。但し、スープラの方が高出力となっています。

lexus.jp

これ以上価格が上に設定されれば、RCFを購入した方が面白いようにも思うのですが、そのあたりは、登場した後に、実際に試乗をしなければわからないことの方が多い気もします。

 

日本国内の発売が待たれる新型スープラですが、2019年春ごろ日本発売となっているので、詳しくはもう少しで発表されると思うので、期待して待ちたいと思います。

また、ぜひ試乗してみたい1台でもあります。

試乗が殺到しそうなスープラですが、日産GT-Rのように試乗ができないという事がないようにしてほしいと思います。

おそらく、レクサスのフラッグシップモデルでも普通に試乗できるので、そういった事はないと思いますが、発売当初は地方に限っては展示車のみという状況が続くかもしれませんので、試乗できるのはまだ先になるのではないかと思っています。

toyota.jp