散歩していて思った やっぱりEV化は必要なのかも

運動不足を感じていたため、ちょっとウォーキングをしたのですが、その際にちょっと気になったのが、排気ガス。普段は車での移動がメインなので、あまり気にしていなかったのですが、歩いていると結構気になります。特にトラックのディーゼルエンジン排気ガスはかなり気になってしまいました。中型以上の大きさの車はディーゼルエンジンの方が使い勝手が良いのはわかるのですが、こういった所に手が入っていかないと、環境問題は改善されていかないのではないかと考えてしまいます。

日本では特になにも決まっていないディーゼルエンジンの今後ですが、今後、欧州ではディーゼル禁止、ガソリンエンジンも禁止となっていく地域があり、そうした場合は、トラックなどはどうなっていくのだろうと思います。以前はディーゼルにも力を入れていたアウディですが、もうEV路線へと切り替えており、ディーゼルハイブリッドなるものが登場するような気配もありません。日本でもしもディーゼルエンジンが残り続けるのであれば、ディーゼルエンジンこそハイブリッド化される、もしくは大型自動車にフォーカスしたEVが登場していかなければならないのではないかと個人的に思います。

将来、僕も環境の事を考え、ハイブリッドやEVに乗りたいとも思うのですが、時代はまだ内燃機関を搭載した車の方が強いのかもしれません。

ハイブリッドスポーツカーも登場していますが、まだ僕の心には響きません。時代が変わればハイブリッドスポーツカーやエレクトリックスポーツカーが当たり前になると思うので、そういったタイミングでぼくも環境に貢献できるようにと思っています。