レクサス 新型ESにデジタルアウターミラーを採用

f:id:JakeKizuki:20180915214821j:plain

レクサスは日本向け新型『ES』に、量産車世界初となるデジタルアウターミラーを採用すると発表。
アウディが積極的に開発を進めていたことと、こんなに早く法整備が日本で実現されると思っていなかったので、ちょっと驚いています。

ルームミラーでのカメラ映像の出力については多くの車種で実装されており、高級車のみならずノートeパワーなどにもオプション設定されるなど、進歩が進んでいますが、このデジタルアウターミラー、すなわちサイドミラーのデジタル映像出力について、実際どの程度のものなのか気になっています。

f:id:JakeKizuki:20180915214840j:plain
デジタルについては必ずレイテンシーが発生すると思われるのですが、それがどの程度なのかというのが気になるところ。
これは実際に試乗するなりしてみないとわからないところなのですが、そのわずかな遅れを差し引いてもデジタルカメラによる広範囲の後方確認についてはメリットのほうが大きいのかもしれません。

f:id:JakeKizuki:20180915214836j:plain
このデジタルアウターミラーが採用される『ES』は10月下旬の発表を予定しているということなので、期待して次の情報を待ちたいと思います。