新型ジムニーはなぜこんなに売れているのか

f:id:JakeKizuki:20180822210846j:plain

新型ジムニーはなぜこんなに売れているのか。

僕なりの考えをわりと適当に分析してみました。

まず、前モデル登場からかなりの年数が経ってのモデルチェンジであり、以前からのファンによる買い替え需要。もともと根強い人気のジムニーなので、モデルチェンジを狙っての買い替えを考えていた人が多くいたのだろうと予想されます。

ジムニーについては、他の軽自動車と一線を画すくるまであるため、自動車のヒエラルキーに、ある種とらわれない車ではないかと思います。そのため、軽自動車に乗っていることで普段は引け目を感じる人でも、ジムニーであればそういったある種の劣等感を感じないという思いが購入を後押ししているのではないかと考えます。

ここ数年、男性でも軽自動車という事を気にしないで乗れる環境というのが出来上がっているという感じですが、これについて、僕は次のように考えています。

まずは、軽自動車の高性能化。これについては説明の必要はなく、僕は素直に喜ぶべきことだと思っています。次に、これはどちらかと言えばネガティブな要因なのですが、車にお金をかける人が少なくなっているのではないか問う事。都会で車を所有するにはある程度の資金がないと維持できないので、そういった人たちは自ずと高収入な方で、購入する車も高級なものとなっているのではないかと思われますが、こと地方においてはそういった傾向にはないのではないかということ。一部の地方都市を除いては公共交通機関の身で生活することは難しく、自家用車が必須で、収入のそれにかかわらず自動車を所有しなければならないという状況。こういった場合、車は道具として考える人が多くなり、ランニングコストの低い軽自動車に流れる状況が出来上がってしまいます。以前はそこまで軽自動車が多くなかった気がしますが、やはり考え方の多様化と、また、多くの人の可処分所得が減ったことによるのではないかと思われます。

そういった中でも車に趣味性をもとめ、ある程度車のヒエラルキーについても気にするような男性がジムニーを選ぶのではないかとおもわれ、昨今の未婚の人が多い状況について多くの人を車に乗せなくても良い状況も相まっているのではないかと、ちょっと偏見も入った分析になってしまっています。