Lamborghini Aventador SVJ

f:id:JakeKizuki:20180824221545j:plain

アヴェンタドールSVJがついにデビューしましたね。

900台の限定で、価格は5,154万円。これにオプションを入れたらいくらになるのか気になるところ。

 

出力は770馬力で最高時速350km/h、0-100km/h加速2.8秒という数値となっています。

また、63台の超限定モデルも用意されているようですが、そもそもSVJ自体が限定車ということで、おそらく購入者については、決まっているのではないかと思われます。

 

SVJの『J』については、ご存じのとおり『イオタ』の頭文字。

それではこの『J』とはどんな意味なのかというと、これは、ランボルギーニミウラを発売していた当時、そのミウラベースにレースに参戦するための車両を技術者のひとりであるボブがチューニングしていたという話までさかのぼります。

この話は結構有名なので、ご存知の方も多いでしょう。

本当の『イオタ』と呼ばれる車両はその1台のみで、当時は『イオタ』ではなく、ボブのおもちゃという愛称で呼ばれていたそうです。その後、ランボルギーニ創業者がこの車両を友人のディーラー経営者に売り渡すことになり、その際に『イオタ』という名前が与えられたとされています。

あれ、そもそも『J:イオタ』ってどこからきているという話が見えていませんが、これについての説明は以下のとおりとなっています。

当時のFIAレース規定の中の『J項』の規定に沿ってにチューニングを施されたということから、販売時、車両の名称をこの『J項』からイオタとしたとされています。

ちなみに、このイオタはかなり手が加えられて、ミウラとはほとんど別物となっていたという話です。

イオタの名称が冠された車両は、アヴェンタドール登場の初期にも存在しており、こちらは全くのワンオフ車両となっています。

 

f:id:JakeKizuki:20180824221620j:plain

f:id:JakeKizuki:20180824221556j:plain
f:id:JakeKizuki:20180824221615j:plain
f:id:JakeKizuki:20180824221602j:plain
f:id:JakeKizuki:20180824221722j:plain
f:id:JakeKizuki:20180824221729j:plain
f:id:JakeKizuki:20180824221627j:plain
f:id:JakeKizuki:20180824221633j:plain
f:id:JakeKizuki:20180824221647j:plain
f:id:JakeKizuki:20180824221641j:plain
f:id:JakeKizuki:20180824221652j:plain

f:id:JakeKizuki:20180824221608j:plain

f:id:JakeKizuki:20180824221718j:plain
f:id:JakeKizuki:20180824221710j:plain

 

marmaladesky.hatenadiary.jp