マクラーレン600LT 日本国内で公開

f:id:JakeKizuki:20180731232725j:plain

期間限定で発売されるマクラーレン600LTが国内でも公開されました。
ロングテールシリーズの4番目のモデルとなり、最近のマクラーレンにおいては675LTに続くロングテールモデルとなります。

このマクラーレン600LTは台数限定ではなく、期間限定というスーパーカーの販売においてはちょっと変わった限定生産となっています。
そして、価格についても29,999,000円と、570sとあまり差がありません。言ってしまえば、この600LTは、かなりお買い得モデルなのではないかということになります。
オフィシャルの写真では、かなり贅沢な仕様になっているようですが、その姿にするにはかなりのオプションを装着しなければならないのではないかと思われます。

f:id:JakeKizuki:20180731233404j:plain

f:id:JakeKizuki:20180731233153j:plain
f:id:JakeKizuki:20180731233130j:plain
f:id:JakeKizuki:20180731233127j:plain
f:id:JakeKizuki:20180731233157j:plain
f:id:JakeKizuki:20180731233139j:plain
f:id:JakeKizuki:20180731233136j:plain
f:id:JakeKizuki:20180731233146j:plain
f:id:JakeKizuki:20180731233134j:plain

f:id:JakeKizuki:20180731233220j:plain

f:id:JakeKizuki:20180731233142j:plain
f:id:JakeKizuki:20180731233206j:plain
f:id:JakeKizuki:20180731233200j:plain

ベースは570シリーズのようですが、上方排気などの特別な装備も与えられており、通常のスポーツシリーズとの差別化を図っています。

f:id:JakeKizuki:20180731233227j:plain


上方排気のデザインについては好みが分かれるのではないかと思われますが、その分後方下部のデザインはすっきりして、空力についても効果があるようなデザインです。
マクラーレンのスポーツシリーズは、頑張れば新車で買えそうな540cがラインナップにありますが、もう少し頑張って600LTというのがコストパフォーマンス的にも良いのではと、ちょっと思ったりも。
ただし、マクラーレンの車両については、フェラーリランボルギーニのような熱狂的なファンがまだいないため、値落ちがかなり気になるところ。
マクラーレンF1についてはこの限りではないのですが、スポーツシリーズは確実に値落ち率が高いと思われ、なかなか本気で購入を考えることがないのが実情です。
それでもマクラーレンのデザインは格好良いと思うのは現実です。

 

f:id:JakeKizuki:20180731233149j:plain

McLaren Automotive - 600LT