GT-R 日産×イタルデザインのコンセプトモデル

f:id:JakeKizuki:20180630235159j:plain

日産とイタルデザインが共同で開発した50周年記念の限定プロトタイプを発表しました。『GT-R』とイタルデザインの、双方の50周年を記念して共同開発したプロトタイプカー『Nissan GT-R50 by Italdesign』。今後、7月欧州での初公開が予定されています。

両社初の共同開発となるプロトタイプは、「GT-R NISMO」2018年モデルをベースに、内外装デザインを日産デザインヨーロッパと日産デザインアメリカが、開発・設計・製造をイタルデザインが担当。

 

イタルデザインは現在ランボルギーニが株式を所有しており、VWグループの傘下に入っています。

フロントデザインでは、車両横幅いっぱいに広がる個性的なゴールド(エナジェティックシグマゴールド)のインナーパネルを採用。ボンネット上にはパワーバルジ、ヘッドライトがホイールアーチから冷却用のインテーク上端へ向け配されています。

サイドのデザインは、ベース車よりルーフラインが54mm低くなっています。フロントフェンダーのエアアウトレットである「サムライブレード」は、ドア下方部からショルダーラインまで配されています。

f:id:JakeKizuki:20180701005240j:plain

フロント21×10インチ、リヤ21×10.5インチのホイールが装着され、タイヤはミシュランパイロットスーパースポーツ(フロント255/35 R21、リヤ285/30 R21)を履いています。

f:id:JakeKizuki:20180701005128j:plain
f:id:JakeKizuki:20180701005133j:plain
f:id:JakeKizuki:20180701005138j:plain
f:id:JakeKizuki:20180701005156j:plain
f:id:JakeKizuki:20180701005205j:plain
f:id:JakeKizuki:20180701005221j:plain
f:id:JakeKizuki:20180701005227j:plain
f:id:JakeKizuki:20180701005233j:plain


ボディーカラーは「リキッドキネティックグレイ」。

f:id:JakeKizuki:20180701004843j:plain

インテリアでは、センターコンソール、インストパネル、ドアの内張りには2種類のカーボンファイバーを、シート素材には黒のアルカンターラと、同じく黒のレザーが採用されています。エクステリアにあわせて、インストパネル、ドア、スイッチ類にもゴールドのアクセントがあしらわれており、専用ステアリングはハブとスポークがカーボンファイバー製で、リムにはアルカンターラのトリムが採用されています。

f:id:JakeKizuki:20180701005150j:plain
f:id:JakeKizuki:20180701005145j:plain

パワーユニットの「VR38DETT」エンジンは、専用チューニングが施され、最高出力720ps、最大トルク780Nmを発生する予定とのこと。

足回は、ビルシュタイン・ダンプトロニックを採用した新サスペンションシステムを開発。フロント6ピストン、リヤ4ピストンのブレンボ製。