メルセデスベンツ 新しいGクラス

f:id:JakeKizuki:20180608215337j:plain

メルセデス・ベンツは『Gクラス』が約40年ぶりのフルモデルチェンジとなることを発表しました。

ネット上ではその姿が随分前からスクープ記事として取り上げられていた新型『Gクラス』。1979年の誕生から現在までボディや基本デザインの大きな変更をせずに、パワートレインや装備系に改良を加えながらアップデートを続けてきました。

 

今回発表された『Gクラス』の価格は「G550」が1562万円、「メルセデス AMG G 63」が2035万円。、デリバリー開始は8月下旬以降になる予定とのこ。

なお、先代モデルもしばらくは併売されるとのアナウンスされています。

いつかはこういったクロスカントリー的な車種にのってみたいと思っていますが、おそらく僕は『Gクラス』を所有しないだろうと思います。やはりそこには金銭的な事が大きく影響していることは言うまでもなく、『Gクラス』自体は魅力的な車だと思います。

そんな僕がもし新旧の『Gクラス』どちらかを選べと言われれば、間違いなく新しい方を選びます。理由は単に新しいからというもので、特に意味はないのですが、おそらく乗りやすさは向上しているのではないでしょうか。