マツダ アテンザマイナーチェンジ

f:id:JakeKizuki:20180602203052j:plain

先日マイナーチェンジを果たした(発売は6月21日から)マツダアテンザ』ですが、これが2度目のビッグマイナーチェンジとなります。

現行アテンザの登場は2012年で、1度目のマイナーチェンジを2014年11月に実施しており、その際にも大幅なマイナーチェンジを行っています。

今回のマイナーチェンジで、エクステリアの雰囲気がかなり変化しており、特に目立つのがフロントグリルで、これまでのフィン形状のフロントマスクから、メッシュ形状へと変化を遂げています。また、リアについてはバンパー形状がセダン、ワゴンとも変更となっています。

ボディーの塗装色のひとつである、『ソウルレッド』については、このマイナーチェンジでCX-5同様『ソウルレッドクリスタルメタリック』にヴァージョンアップ。

f:id:JakeKizuki:20180602204032j:plain

インテリアについても2度目のデザイン変更となっており、エアコン操作パネルや送風口の位置が変更となっています。

安全装備についても『MRCC:マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール』が全車対応となり充実した装備となっています。

肝心のパワーユニットですが、こちらも最新のスカイアクティブエンジンを搭載しているので、ほとんどモデルチェンジといっても良いくらいの変更となっているのではないでしょうか。

www.mazda.co.jp