レクサスESを公開

f:id:JakeKizuki:20180419230142j:plain

トヨタ自動車は、北京モーターショー(開催期間:2018年4月25日~5月4日)において新型「レクサスES」を世界初公開すると発表しました。

レクサスESは、1989年のブランド設立時に、フラッグシップセダンの「LS」とともに、レクサス最初のラインナップとして誕生したセダン。
日本では2~4代目がトヨタから『ウィンダム』の名称で販売されていました。(2006年に登場した5代目からは海外専売モデル)
今回発表される新型は7代目にあたります。
レクサスのプレスカンファレンスは現地時間の4月25日に予定されており、日本導入予定も含めた詳細はそこで明らかにされる見込みです。
以前、僕がレクサスのディーラーの方から聞いた際に、レクサス『GS』が廃止され、ESが導入されるということでしたので、近いうちに日本導入が実施されるのは確実と思われます。


日本ではFFのセダンというとあまり需要は高くないですが、アメリカではカムリが結構売れているので、セダンの人気がいまいちの時代においても、レクサスらしくセダンを存続させていくという意味では、GSを排してというのは良い選択なのかもしれませんね。