日産 e-POWERの第2弾はセレナ

f:id:JakeKizuki:20180228233924j:plain

充電機能を持たない電気自動車という変わったコンセプトのe-POWERですが、ガソリン車と同じ感覚で使用できることから人気となっています。ノートというコンパクトカーがベースの第1弾でしたが、それがミニバンではどのようになるのか。燃費と運動性能について何となく不安なイメージがあるのですが、既にEVのe-NV200で技術の蓄積ができていると思われ、また駆動システムの出力についてもノートe-POWERよりも向上しているとの事なので、余裕のある運転は期待できそうです。

駆動用モーターの最高出力が100kW(ノートe-POWERは80kW)、最大トルクが320Nm(同254Nm)とパワーアップ。それに伴いバッテリー容量が1.4kWhから1.8kWhに増やされ、エンジンの最高出力も58kWから62kWへと向上しているとのことです。