鈴鹿サーキットでポルシェケイマンを置き去りにするコペン

f:id:JakeKizuki:20180130230855j:plain

このコペンですが、エンジンの載せ代えをしているわけではなく、搭載されているエンジンをチューニングしているとのこと。
タイムはなんと2分28秒295。
後半で登場するR35GT-Rは道を譲っています。
車もすごいのでしょうが、動画を確認すると、相当運転が上手い人の走りのようですね。