メルセデス・ベンツはエンジンをV6型気筒から直列6気筒へシフト

f:id:JakeKizuki:20180124212403j:plain

V型6気筒よりも直列6気筒の方が、その構造上スムーズに回転するとされていますが、V型のほうがエンジンの全長を短くすることができるので、重量バランス的に考えるとV型エンジンを採用している車種が現在の車事情においては多数と思われます。

それでもV型から直列にシフトするというメルセデス・ベンツの動きは、コストの面からというのが大きいのかもしれません。メルセデスはエントリークラスには直列4気筒を採用しており、上級グレードになるとV型8気筒(V12エンジンもラインナップされていますが)となります。このラインナップに埋もれてしまうのが現在のV型6気筒を搭載したモデル。おそらくは、ダウンサイジングが進む中で、直列4気筒を搭載するモデルが増えていくのではないかと思われ、それでも高級車らしいV型8気筒もラインナップからなくならないと思われます。その状況で、6気筒エンジンをラインナップに残す場合、V型8気筒から2気筒減らした場合と、直列4気筒に2気筒増やした場合、どちらが効率的かという議論の中で直列6気筒の方がコストがかからないとなったのかもしれません。

しかし、僕はそういった商業的なことより、気になることがひとつあります。メルセデスから供給を受けた4気筒エンジンが搭載されたスカイラインの事が。もしもメルセデス直列6気筒にシフトするのであれば、何らかの形でスカイラインに搭載されないか。高性能なV型6気筒エンジンを製造している日産なので、6気筒モデルのスカイラインには自社製のエンジンが搭載され続けると思うのですが、もう一度直列6気筒エンジンを搭載したスカイラインが復活してほしいと思っています。