【試乗】スズキXBEEを見てきた

f:id:JakeKizuki:20180115184859j:plain

諸元表を見て、サイズ的に丁度良いと感じていたスズキXBEEですが、実車を見てきました。

見た目は同社のハスラーとどこが違うの?と思うようなデザイン。ディーラーの方も、「実際ほとんどハスラーの5人乗りと言った感じですね。」と言っていました。実際のメカニズム等は異なっているのでしょうけれど、おそらくぱっと見はハスラーとの区別がつかないのではないかと感じました。

 f:id:JakeKizuki:20180115184931j:plain

車両のスペックは以下のとおり

乗車定員 5人

ボディタイプ  5ドアクロスオーバーSUV

エンジン  K10C型 1.0L 直3 DOHC 直噴ターボ

駆動方式  FF / 4WD

モーター  WA05A型 直流同期電動機

変速機  6AT

サスペンション

 前:マクファーソンストラット式

 後:トーションビーム式(2WD)

   I.T.L.(アイソレーテッド・トレーリング・リンク)式(4WD)

全長  3,760mm / 全幅  1,670mm / 全高  1,705mm

ホイールベース  2,435mm

車両重量  960 - 1000㎏

 

グレードは2種で、それぞれにFFと4WDが設定されています。必要なものを付けいてくと結局上のグレードになってしまうのではないかと思いますが、この上位のグレード、本当に全部ついていますといった感じで(ナビはオプションですが)、かなり装備が充実しています。

街乗り限定という話にはなるのかもしれませんが、キチンと走りを楽しめる様になっていて、この辺りはさすが走りの楽しさも追及しているスズキならではだと感じます。

BBと同じような大きさの車が1台あると取り回しが楽だと感じていて、このXBEEはまさにそのサイズ。セカンドカーにはもってこいの大きさと使い勝手の良さなのではないかと思います。

コンパクトさに他に実車を見て使い勝手が良いと感じた点は、運転席側から助手席へ、またはその逆といったように行き来ができるので、片側のドアを開けられないような状況でも乗り降りができるという点。ベンチシートの様な形状になっていないのが残念ですが、その分、後ろの席へのアクセスが容易というのは良いかもしれません。

あとは、後席が前後に、それも左右独立してスライドするという事。この辺りは、ミニバンなどでは当たり前にできるのですが、これは結構便利で、コンパクトゆえに荷物を載せるスペースが狭くなっているのですが、椅子を前にスライドさせることによって、荷物を置くスペースを確保できるのが良いです。しかも、後席からだけではなく、リアハッチを開けて、後ろ側からもスライドができる様になっているというのはかなり実用性を考慮した設計になっているなと感心しました。

クルーズコントロールや衝突防止機能など、最近の自動車には必需品と言える装備が付いているから仕方がないのかもしれませんが、上位クラスの4WDモデルで、車両本体価格が約218万円というのはちょっと高いかなと思いましたが、それでも、金額に見合うだけの満足感はあるのではないでしょうか。