TOYOTA GAZOO Racing GRスーパースポーツコンセプト

f:id:JakeKizuki:20180112231152j:plain

2018年1月12日(金)、東京オートサロン2018(幕張メッセ)のTOYOTA GAZOO Racingブースにて、WECに参戦しているレースカー「TS050」の技術をフィードバックしたロードゴーイングカー、『GRスーパースポーツコンセプト』がワールドプレミアされました。

ロードカーをベースとしてレーシングカーに近づけたというよりも、WECで戦う現役マシン「TS050ハイブリッド」をロードカーにしたといったこのコンセプトカー。以前、ルマンに出場させるためにTS020のホモロゲーション取得のためにロードヴァージョンを制作したという過去はありますが、レースに関係なく、というよりも、レース車両をロードカーへほぼそのままの構成でというコンセプトには期待せざるを得ません。

f:id:JakeKizuki:20180112231834j:plain

会場にはカウルを取り去ったマシンも展示され、写真でも確認できるととおりカーボンモノコック剥き出し&プッシュロッドサスペンションをもつ、F1の様なシャシーがかなりの迫力です。

熱効率は、なんと50%をすでに実現し、さらなる効率を目指し開発中という2.4L V6直噴ツインターボとハイブリッドシステム。TS050同様に1000psのシステム出力を絞り出すという事なので、流石としか言いようがありません。

驚きなのは、すでに市販モデル開発に向けたGOサインが出ているという話。しかし、発売時期の目安などはアナウンスされていないので、果たして本当に市販されるのか、もし市販されるならば、いったいどのくらいの価格となるのか、かなり興味があります。

 

2,000万円や3,000万円では到底購入できないと思われますが、それくらいだったらちょっと欲しいかもと思ってしまいました。

 

gazoo.com