【試乗記】日産リーフ試乗

f:id:JakeKizuki:20171217222053j:plain

日産リーフに試乗しました。

2代目となった日産リーフですが、僕はこれまで純粋なEVには乗ったことがありませんでした。以前、ノートe-powerを運転した際に、そのパワーの立上りのスムーズさに驚かされましたが、発電のエンジン音が結構気になりましたが、リーフは純粋なEVなので、とても静かで高級車の室内にいるような感覚でした。高級車の様といっても、リーフの価格はフル装備の最上級グレードだと、本体価格がおよそ400万円なので、かかくてきにも高級車の部類に入りそうですが。

さて、乗り込んで感じたのは、試乗車が一番上のグレードだったというのもあるのでしょうが、思っていたよりも上質なインテリアだったという事。さすがにパワーシートなどは装備されておらず、これについては標準装備でも良いのではないかと思いました。

加速力はモーターのおかげで、とてもスムーズ。思った通りに加速してくれます。通常モードの加速は結構鋭く、調子に乗って踏んでいると、あっという間に後続可能距離が減っていきます。しかし、エコモードに切り替えると加速が緩やかになり、後続可能距離も一気に減るといったことがありません。街中での運転についてはエコモードでも十分以上な性能を発揮してくれます。

ちょっと気になったのがe-pedalで、これには慣れが必要だと思いました。ちょっと効きが強すぎる感じがしました。このe-pedalはオフにすることが可能ですが、e-pedalのブレーキに慣れてしまうと、通常のブレーキが若干頼りなく感じてしまいます。このあたりのバランスがもう少しとれていてほしかった気がしました。

グレードが3種類あるのですが、結局すべて必要だと感じる装備を揃えていくと、一番上のグレードが必要になってしまうのではないかと感じてしまいます。このあたりの装備の絶妙さは最近の欧州車のグレードの設定の仕方と同じような感じがします。

まずは電気自動車に乗ってみたいと思うのであれば、一番下のグレードを、長く乗ることを考えているのであれば、一番上のグレードを購入するのが良いのではないかと思います。

f:id:JakeKizuki:20171217222153j:plain