Lamborghino TERZO MILLENNIO

f:id:JakeKizuki:20171210203056j:plain

ランボルギーニ・テルツォ・ミッレニオ

1,000年後の未来のスーパーカーをイメージしてデザインされたコンセプトモデル。

開発の4つの柱はエネルギー、革新素材、パワートレイン&車両アーキテクチャ、サウンド&エモーション。

 

『未来のスポーツカーはガソリンではなく電気で走ります。高効率を生みだすエレクトリック・システムは、実に興味深い様々な特長を有しています。運動エネルギーのリカバリーや大きなピーク電力のデリバリーはそのひとつです。電力化によって得られるチャンスを最大限に活用するためには、蓄電システムは電力を重視したシンメトリカルなもでなければなりません。それによって、ハイパフォーマンスと最大のエネルギー・リカバリーを目指します。このチャンスを成熟させるには、今あるバッテリーでは十分ではありません。だからこそ、何らかの大きな飛躍が必要なのです。高い電力密度を維持しながら、エネルギー密度の点において従来型バッテリーとのギャップを埋めることができる画期的なスーパーキャパシタの開発をランボルギーニは目指します。』

 とホームページに記載されているとおり、現在のランボルギーニはエレクトリック化について、ウルスからハイブリッドシステムをもつモデルをラインナップするとしていますが、メインはガソリンの大排気量エンジン。

今後、どのような方向でランボルギーニの車づくりが進んでいくのかはこのコンセプトモデルから想像することができるのではないかと思います。

f:id:JakeKizuki:20171210204738j:plain

ランボルギーニが目指すのは、軽量化とあわせて再充電可能なバッテリーとして構造的な蓄電複合材を使用して利用可能な電気エネルギーを増大させることです。 目標は、電気エネルギーを貯蔵するCFKベースのパネルにナノ電荷を拡散させるナノ素材技術の改良です。またその間に、車のボディと構造形成を目指します。 プロジェクトでは同時に、可視・不可視両方のカーボンファイバー構造全体を連続監視する技術とヘルス・モニタリングのコンセプトをひとつにすることを目指します。 カーボンファイバー構造の亀裂やその増殖の危険を低減または完全にゼロにするとともに、Terzo Millennio(テルツォ・ミッレニオ)に自己ヘルス・モニタリングを実行することで事故後に発生する可能性がある亀裂や損傷を検出することを目標としています。』

と書かれているように、ボディーを構成する素材についても書かれていますが、このような素材と技術が完成させられるかはさておき、素材の研究にも余念がないランボルギーニらしい1文だと感じます。

f:id:JakeKizuki:20171210205103j:plain

この、未来のコンセプトカーにおいても、4WDにこだわっており、高効率なインホイールモーターで、スーパーカーに必要な出力を発生させるとしています。

こういった4WDへのこだわりというのも最近のランボルギーニらしくて良いのではないかと思います。

f:id:JakeKizuki:20171210205355j:plain

なお、V12エンジンの代わりとなるエレクトリックシステムにおいても、エンジン音に代わるサウンドが必要という事を述べており、こういったサウンドへの配慮も怠らないというのが、確固たるブランドを構築しているのだなと考えさせられます。

 

www.lamborghini.com