アルファロメオ・ジュリア試乗

 f:id:JakeKizuki:20171128233615j:plain

アルファロメオ・ジュリアに試乗しました。 
僕が試乗したのはジュリア・スーパーというグレードで、装備が充実したスタンダードモデルといったところでしょうか。 
それでも、スタンダードモデルと比べると、パドルシフトが装備されていたり、ワンランク上の皮製シートだったりと、その差額を払うだけの価値は十分にあると思われます。 
乗り込んで思ったことは、なんとなくドイツ車のような感じであるということ。これは好みだと思うのですが、せっかくのイタリア車なのだから、もっと情熱的なインテリアでも良いのではと思う人もいると思いますが、僕は、これはこれでなかなか良いのではと思います。 
スイッチなどに触った感触もとても上質でした。シフトパドルも大きめで、スポーツ走行を意識したデザインとなっており、このあたりはかなり評価できると思います。 
走り出して感じたのは、もう少しパワーがあっても良かったかなということ。パワー不足というわけではないのですが、スポーツ走行を楽しむのであれば、もうちょっと欲しいところ。 
走行モードは3種類用意されていて、状況にあったモードを選べるのですが、このグレードであれば常にDynamicモードでも良いかもしれません。このモードが1番受理嵐胃のではないかと感じました。 
ちなみに、モードは以下のとおり。 

Dynamic 

パフォーマンスとレスポンスに特化した走行モード。ステアリングはより正確に、ブレーキはより敏感に、 そして電子制御系は、スポーティなドライビングをより楽しめるよう、絶妙なセッティングが施されている。 


Natural 

市街地や高速道路に最適な走行モード。快適性や燃費性能を追求した挙動が得られる。 


Advanced Efficiency 

新たに備えられたAdvanced Efficiencyモードは、エネルギー消費を最小限に抑え、燃費性能を最大化。 


この価格帯だとメルセデスのCクラスやBMWの3シリーズが同じカテゴリーとなると思われるので、ジュリアを購入するという人は本当にアルファロメオが隙という人に絞られるのではないかと思われます。 
それだけに、日本では少数派となるであろうジュリアですが、デザインはとてもエレガントだと感じました。 

 

スペック

【 ジュリア スーパー 】
全長×全幅×全高=4645×1865×1435mm
ホイールベース=2820mm
駆動方式=FR
車両重量=1590kg
エンジン=2.0リッター直列4気筒DOHC直噴ターボ
最高出力=147kW(200ps)/4500rpm
最大トルク=330Nm(33.7kg-m)/1750rpm
トランスミッション=8速AT
サスペンション=前:ダブルウィッシュボーン式、後:マルチリンク式
タイヤサイズ=前:225/45R18、後:255/40R18
JC08モード燃費=13.6km/L
使用燃料=プレミアムガソリン
車両本体価格=543万円

【 ジュリア クアドリフォリオ
全長×全幅×全高=4635×1865×1435mm
ホイールベース=2820mm
駆動方式=FR
車両重量=1710kg
エンジン=2.9リッターV型6気筒DOHC直噴ツインターボ
最高出力=375kW(510ps)/6500rpm
最大トルク=600Nm(61.2kg-m)/2550rpm
トランスミッション=8速AT
サスペンション=前:ダブルウィシュボーン式、後:マルチリンク式
タイヤサイズ=前:245/35ZR19、後:285/30ZR19
使用燃料=プレミアムガソリン
車両本体価格=1132万円

 

【 ジュリア ヴェローチェ 】
全長×全幅×全高=4655×1865×1435mm
ホイールベース=2820mm
駆動方式=4WD
車両重量=1670kg
エンジン=2.0リッター直列4気筒DOHC直噴ターボ
最高出力=206kW(280ps)/5250rpm
最大トルク=400Nm(40.8kg-m)/2250rpm
トランスミッション=8速AT
サスペンション=前:ダブルウィッシュボーン式、後:マルチリンク式
タイヤサイズ=前後:225/45R18
JC08モード燃費=12.0km/L
使用燃料=プレミアムガソリン
車両本体価格=597万円