アストンマーティン 新型ヴァンテージ公開

f:id:JakeKizuki:20171123165235j:plain
映画で登場したアストンマーティンDB10とよく似たルックスで登場した新型ヴァンテージ。 
今までのアストンマーティンの量産車の中では、ダントツに早そうな外観です。 

f:id:JakeKizuki:20171123165318j:plain
重量は1,530kgで、メルセデスAMG製のV型8気筒エンジンが搭載され、最大出力510馬力が路面へと伝えられます。 
トランスミッションについてはATとMTが選択できるようになっているとの噂です。 
0-100km/h加速は3.6秒で最高時速は314km/hというスペックです。 

f:id:JakeKizuki:20171123165344j:plain

f:id:JakeKizuki:20171123165358j:plain

f:id:JakeKizuki:20171123165414j:plain

f:id:JakeKizuki:20171123165433j:plain

f:id:JakeKizuki:20171123165455j:plain

DBシリーズはどちらかというと街中の風景が合いますが、ヴァンテージは走りの色が濃いので、サーキットが良く似合います。

f:id:JakeKizuki:20171123165654j:plain

f:id:JakeKizuki:20171123165720j:plain

どのボディーカラーも魅力的なのではないかと思われますが、ヴァンテージのボディーラインがとても力強く、走りのイメージにマッチしていので、そのラインがはっきり強調できるカラーが似合うのではないでしょうか。

f:id:JakeKizuki:20171123170048j:plain

ルーフはカーボン製となっているのでしょうか。

f:id:JakeKizuki:20171123170136j:plain

テールランプのデザインも秀逸です。スポーティーとエレガントが同居しています。

f:id:JakeKizuki:20171123170245j:plain

『ASTON MARTIN』のロゴ。

f:id:JakeKizuki:20171123170549j:plain

f:id:JakeKizuki:20171123170444j:plain

インテリアの画像も公開されています。

f:id:JakeKizuki:20171123170617j:plain

f:id:JakeKizuki:20171123170640j:plain

f:id:JakeKizuki:20171123170659j:plain

f:id:JakeKizuki:20171123170714j:plain
f:id:JakeKizuki:20171123170351j:plain

好みの分かれるデザインだと思われます。とくにアストンマーティンにこのデザインはないという方もいるかもしれませんが、僕はかなり好きなデザインです。

このインテリアだけでもこのくるまにのってみたいとおもわせるデザインではないかと思うくらい好きです。

f:id:JakeKizuki:20171123171058j:plain
日本での価格は1,980万円。 
同じようなカテゴリーの車種として僕が思い浮かべるのは、マセラティ・グラントゥーリズモ。こちらは、フェイスリフトを最近実施しましたが、基本設計が古いので、時期型の発表が待たれます。