無料で配られる商品たちについて

f:id:JakeKizuki:20171121081435j:plain

販売促進のために配られる商品。これらのサンプル品については、ほとんどが無料で配られています。僕もよくサンプルを貰ったりして試しています。インターネット、特にSNSが普及する前は新商品の大々的なサンプル配布といえば、都会のイベントで配られる(地方でもスーパーなどは試食コーナーが昔からあったりしましたが)というのが一般的だったのではないかと思われますが、企業が発信しているメルマガ等を通じて地方でもコンビニや自社店舗で手に入れることが可能な状態となっており、実際にその製品を試すことができるため、とても良い時代になったと感じます。

この、無料で配布されるサンプル品(最近では宣伝を兼ねた〇〇名様へ抽選で差し上げますというのも目にしますね)、広告宣伝費として計上されている予算の中から支出されているものかと思われますが、それは商品に上乗せされる事になるのが普通なのでしょう。

そうすると、車のカタログ等もそういったように車を購入する人が実質的には負担しているという事になります。僕は、それなりに試乗に行ったりして、カタログを頂いてくるのですが、こうして改めて考えてみると、車を実際に購入する方々に感謝をしなければならないのだなと思います。勿論、僕も様々な商品を購入することがあるので、そういった場合はそれらを上乗せした金額を支払っているので、お互い様なのかもしれませんが、自動車、特に外国車の場合は絶対的な台数が少ないので、一人当たりの負担も大きいのではないかと思われ、僕も新車で外国車を乗れるようになって、いつかはカタログ代等が上乗せされた分の金額をきちんと支払ってという事ができる様になれば良いかなと思います。

※画像のBOSSのコーヒーはサントリーの〇〇名様プレゼントで頂いたもの。苦みがなく、すっきりした味わいのコーヒーで、次回からは缶コーヒーよりもこちらを購入しようと思う商品で、こういったことがあって初めて手に取る商品もあり、サンプルというのも商品を販売するうえでは大切なのだなと思いました。もちろん、このテイストが好きではないという人もいるでしょうから、そういった意味でも、サンプルを積極的に手に取るという事は大切なのかもしれません。

 

イエローハットからのサンプル。こちらはかわいいデザインなので、使う人を選ぶかもしれません。また、香りも好みがあると思われます。

 f:id:JakeKizuki:20171121081542j:plain


この豆乳飲料はサンプルではなく、単に頂いたもの。仕事の手伝いのお礼です。

f:id:JakeKizuki:20171121081627j:plain

性質は違えど、無料で僕のもとへ来た商品たちです。