セダンならこれに乗りたいと思う

f:id:JakeKizuki:20171103210654j:plain

いつかは新車で購入したいと思うメルセデスのセダンですが、もし、すぐにでもセダンを購入するとなると500万円くらいが限度かなと思います。お金があればEクラスのAMGシリーズが良いと思うのですが、非現実的なことを言っても始まりません。

というわけで、メルセデスならCクラスの4-Maticあたりがちょうど良いのではと思います。一昔前のCクラスだとちょっと小さいと感じたのですが、現在はデザインの影響もあり、やや大きめに感じます。Cクラスは車両本体で500万円ほどからラインナップがありますが、4-Maticでオプションを選択していくとおよそ600万円からが乗り出し価格といったところでしょう。

 

f:id:JakeKizuki:20171103211526j:plain

続いてアウディA4。こちらもマトリクスLEDヘッドライトなど、それなりの外観にして内装もある程度の仕様にすると600万円からの乗り出しといった感じになります。

試乗はしていませんが、実物を見た感じでは、かなり丁寧な作りになっていると感じました。

同じセグメントでも、BMWの3シリーズには今のところ興味がありません。クーペのM2なら、ちょっと乗ってみたい気もしますが。

 

f:id:JakeKizuki:20171103212107j:plain

続いては、まだ発売前ですが、次期型のクラウンアスリート。現行のクラウンアスリートでもぜんぜんありだと思います。

かつて、『いつかはクラウン』というキャッチフレーズがありましたが、僕も所有してみたいと思う1台。こういった車は現行車を購入してこそだと思うのです。アスリートの2.0リッターモデルであれば400万円位からのラインナップがあるので、車両価格が全体的に上昇している時代において、わりと現実的な候補になるのではないかと思います。それでも、そこそこのグレードを選び、オプションを装着していくとこちらも、あっと言う間に600万円。こうなるとドイツ車に流れる層が出てくるのがいるのはしかたがないのでしょう。

 

f:id:JakeKizuki:20171103212928j:plain

続いて、WRX S4。なぜマニュアルトランスミッションStiではないのかというと、アイサイトの恩恵を十分に受けたいからこちらの選択となります。本当はマニュアルの方が面白いのですが、普段使いを考えるとAT。そして、安全装備で評価が高いアイサイトとクルーズコントロール機能があれば、楽をできるという事。

スポーツ走行も楽しみたいけれど、移動手段として考えた場合、必然的にこういった車種が候補に挙がって来ます。そういった意味では、メルセデスベンツAMGのセダンがしっくりくるのでしょうが、S4が2台から3台ほど購入できてしまうくらいの価格差があります。

今回候補に挙げた車種は、考えようによっては中途半端な車たちなのかもしれませんが、1台で単なる移動手段と、ある程度のスポーツ走行が楽しめるといった使い分けができる車だと思います。これ以上をのぞむのであれば、あとは金額とのトレードオフということになりますね。