4WDの自動車はなぜ曲がりにくいと言われるのか

f:id:JakeKizuki:20171022220628j:plain

なぜ一般的な4WDの車は曲がりにくいとされているのか。それは、ステアリング特性がアンダーステア傾向になるからと言われています。

 

車が旋回する際には、内輪と外輪に回転差が生じますが、駆動輪の左右の中心にデファレンシャルギアが装備されており、回転差を解消させる働きをしています。この、回転差は前後の車輪でも発生しており、4WDの場合、前後両方の車輪が回転しているため、前輪は曲がろうとする方向に力を伝えようとするものの、後輪については直進する方向に力を伝えたままとなります。これによって、前輪はステアリングが切られたままブレーキがかかったような状態となり、後輪はをれを押し出す格好となるため、アンダーステア傾向になります。低速かつ急に曲がろうとする場合はこの状態が顕著に現れます。4WDの話ではありませんが、凍結路面となっている際、前輪駆動の車で、スピードをしっかり落とさず交差点の様な急な角を曲がる際、曲がり切れずに車線をオーバーしてしまうといったことが出てきます。

話を4WDに戻しますが、フロントタイヤにかかる仕事量が多いというのも特徴です。これは前輪駆動の車にも当てはまりますが、コーナリング中はフロントのタイヤを駆動のために前進するのとコーナリングに耐えるための横方向のグリップに充てられます。4WDは、さらに後輪からの力で前に押し出されるので、必然的にアンダーステア傾向が大きくなります。

もうひとつ、4WDはその駆動のために、2WDの車両よりも重量が増加するという事。また、重量配分もコーナリングには大きな影響を与えます。専用設計で4WDの車種しかぞんざいしない、または2WDのグレードはあるものの、4WDの方がベースとなっている特殊な例もありますが、一般的には2WD駆動方式の車両がベースとなっていることが多いため、どうしてもフロントヘビーな車両となってしまいます。

 

とは言っても、4WDにはトラクションが4輪にきちんと掛かるなど、雪道や悪路等でのメリットがありますし、最新のトルクコントロールシステムを備えた4WDの車両では、ステアリング特性もそれほどアンダー傾向にならず、奇麗に曲がれるようになっていますので、4WDを選ぶ十分な理由になるのではないでしょうか。