日産 車両の完成検査に不備 100万台規模のリコールか?

f:id:JakeKizuki:20170930215842j:plain

日産は、一部の工場で、無資格の者が車両の完成検査を行ったとして、新車在庫の販売を一時中断する措置を取りました。これにより、流通に支障をきたし、販売不振にも繋がりかねない状況となるかもしれません。また、既に販売している車両についても同じような検査が実施されているという事で、場合によっては100万台規模のリコールも実施が検討されているようです。

日産は、いつから不備が続いていたのかわからないとしており、国交省は今後の日産の報告を踏まえて法令違反の有無を精査するとしています。

新しいリーフが発表され、ようやく軌道に乗ってきた日産ですが、このようなニュースが流れれば、当然経営に影響が出るのではないかと思われ、これからEVの販売をリードしてほしいと願っている中、残念で仕方がありません。

当然、株価にも影響が出るのではないかと思われ、配当権利落ちで株価が下がっているところにこのようなニュースが流れれば、さらに株価を下げるのではと考えられます。