アリエルが1,000馬力を超える電動スーパーカーを開発中

f:id:JakeKizuki:20170831232323j:plain
アリエルは『アトム』や『ノマド』といった軽量のオープンボディの車両を製造していますが、今回はクローズドボディーで、それなりのバッテリーを搭載していると思われるため、重量も大きい電動スーパーカーを開発中のようです。 
公式な車名はまだないが、アリエルでは「HIPERCAR」(ハイパーカー)という仮称で呼んでおり、『High-Performance Carbon Reduction(高性能・二酸化炭素削減)』の単語の頭文字に由来しているという。 
4輪それぞれに小型モーターを搭載するこの車のスペックは、合計で最高出力1,180hp、最大トルク183.6kgmを発揮。 
・0-100km/h加速  2.4秒 
・最高速度    257km/h 
この4輪駆動モデルの他に後輪駆動バージョンもあり、こちらはモーターが2つ搭載され、最高出力は590hp、最大トルク91.8kgmとのこと。 
モーターは42kWhまたは56kWhのリチウムイオン・バッテリーから供給される電気で作動するが、必要に応じてこれを充電するためのマイクロタービン・エンジンが搭載されています。 

f:id:JakeKizuki:20170831232347j:plain
レンダリング画像ではかなりアグレッシブな外観を備えています。ガルウイング・ドアが採用されていますが、このあたりはサイドシルの高さの都合上、必要に迫られてのデザインではないかと推測できます。内部にはアルミニウムを貼り合わせたシャシーや、アルミニウム製のウィッシュボーンと調整可能なダンパーを組み合わせたサスペンションがあり、鍛造合金またはカーボン・コンポジット製のホイールに、前265/35 R20、後325/30 R21 サイズのタイヤを装着。車両重量は明らかにされていませんが、噂によると約1,588kgほどになるのではないかとのことです。 
プロトタイプのシャシーは9月6日と7日に英国ミルブルックで開催されるLCV(低炭素車)ショーで展示され、実車は2019年に発表、翌2020年に発売するという計画ですが、価格についての発表されていないようです。 

f:id:JakeKizuki:20170831232431j:plain