日産 新型リーフ発表 今度は期待しても良いのか?

f:id:JakeKizuki:20170910174202j:plain
日産リーフの新型が発表されましたね。 
第1世代のリーフよりもデザイン的には格好良くなったと思いますが、もっと振り切ったデザインでも良かったのではと思います。 
しかし、そうしてしまうと大衆車としてのセールスが難しくなると思われるので、仕方の無いことなのかもしれませんね。 
現在の日本においては、まだまだEVに適応したインフラ整備が追いついていないことから、まだまだ簡単には普及しないと思われますが、今回のモデルで、航続走行可能距離が400kmまで増えているので、使い勝手は格段に向上していると思われます。 
しかし、バッテリーの交換プログラム等が準備されなければ、初代モデルのように何年かすると日常の足としての使用が難しくなり、車両価値が一気に減少するということになりかねません。 
実際にEVを所有してみたいという気持ちはあるのですが、そういったこともありなかなか購入を考えるまでに及びません。 
まだ実車が登場していないので評価は難しいです、『ノートe-power』の評価が個人的に高かったので、新型リーフの試乗車が登場したら是非載ってみたいと考えています。