ランボルギーニアヴェンタドール燃料系にリコール

f:id:JakeKizuki:20170806133410j:plain

アウディジャパンは国土交通省に対して、アヴェンタドールのリコールを届け出ました。

対象となるのは、ランボルギーニアヴェンタドール LP700-4』『アヴェンタドール LP720-4』『アヴェンタドール LP750-4』の3車種で2011年8月29日~2017年2月7日に輸入された569台。

燃料タンク内の蒸発ガス吸入を制御する燃料制限通気バルブの制御しきい値が不適切なため、燃料満タン時に特定の運転操作等を行うと燃料が液体のままキャニスターおよびパージバルブに侵入することがある。そのため、キャニスターの掃気ホースから燃料または燃料蒸発ガスが漏れるおそれがあるとのこと。

改善措置として、全車両、燃料制限通気バルブ、パージバルブおよびフューエルキャップを対策品に交換し、キャニスターおよび漏出検出ポンプを新品に交換。また、3ウェイバルブを追加して燃料蒸発ガス排出経路を変更し、エンジンコントロールユニットのプログラムを変更。

今のところ、不具合および事故は起きていないということなので、ひと安心です。

イタリア本国からの情報により発見したとのことですが、ランボルギーニはリコールを報告するイメージがあまりないのですが、今回の様にリコールの事象をみとめ、きちんと対応を行ってくれることで、そのメーカーに対する信頼度が高まるのではないでしょうか。