ルイヴィトンのスマートウォッチ

f:id:JakeKizuki:20170721000110p:plain
先日、新聞を眺めていて見つけたルイヴィトンの広告。 
それは、タンブールホライゾンの広告でした。 
これは、スマートウォッチなのですが、スマートウォッチとしての価格としてみれば、かなり割高だと感じます。 
しかし、ルイヴィトンの時計と考えれば、それほど高い価格設定ではないと思います。 
ここで、僕がいつも考えているのが、時計としての価値はどこにあるのかということ。 
一流ブランドの時計は、その時計の生い立ちや、ムーブメントなどに希少性が合わさって高価なものとされるのが一般的だと思います。 
なかでも、機械式時計のムーブメントというのは時計の価値そのものといってよいと考えています。 
また、ケースの装飾や磨きなども価値のひとつとなるでしょう。 
ここで考えるのは、いくらルイヴィトンでも、スマートウォッチだしということ。 
もちろん、アップルのアップルウォッチも、製品によってはかなり高額なものがラインナップされています。 
まだスマートウォッチは歴史が浅いので、どこまでの価値があるのかというのがわかりにくいというのが事実なのかもしれません。 
ちょっと否定的なことを書いてしまいましたが、タンブールホライゾンは結構格好良いと思ったのは事実です。 
できれば実際に足を運んで実物を見てみたい気がします。 

jp.louisvuitton.com