スバルS4に試乗

f:id:JakeKizuki:20170718081012j:plain

マイナーチェンジ版が発表されましたが、試乗したのはマイナーチェンジ前のS4。

S4のシャーシはSGP(スバルグローバルプラットフォーム)がまだ採用される前のモデルで、マイナーチェンジ後についても同様です。

それでも、十分なボディ剛性を誇っているのですが、やはりSGPが採用されている新型インプレッサの方が剛性感はある気がします。

S4がフルモデルチェンジするころにはおそらくSGPが採用されるでしょう。

さて、スバルのスポーツセダンのS4ですが、エンジンを始動させた直後の音は水平対向エンジン特有の音で、運転する気分を高めてくれるものですが、この辺りは人によってどうとらえるか違ってくると思います。こういったスポーツセダンなので、大抵の人はエンジン始動音についてはおおむね満足するのではないでしょうか。

加速性能は十分だと思われます。一般道でのコーナリングについても問題はなく、足回りの硬さからくる突き上げも許容範囲内でした。ちなみに、僕が試乗したモデルにはビルシュタインのショックアブソーバーが装着されていたので、スタンダードモデルではどうなのかわかりません。

変速機構がCVTというのがやはり残念だなところで、DCTとはいかなくても、ATだったらまた違うのかなと感じました。せっかくのスポーツモデルでもCVTだと物足りなさを感じてしまいます。

インテリアについてですが、以前のスバル車と比べると、やはり上質になっていることは間違いないと思います。この辺りは世界販売を考えて作られている車なのだろうと思うので、それなりに上質でないとという考えなのかもしれません。それでも、やはりここがもう少し上質ならばと思うようなところもあるのですが、この価格帯の車にそれを要求するのは難しいのかもしれません。それでも、上級グレードであればそれなりにレザーが使用されていたりと、きちんと考えられているのだと感じました。

スバルお得意のアイサイトですが、こちらは文句なしに良い出来だと思います。

 衝突回避や自動追尾運転機能について、僕はスバルのアイサイトが今のところ一番だと感じています。この装備については、スポーツカーにも装備されてよいものだと考えているので、日本のメーカーとして頑張ってほしいと感じているところです。

おおまかな試乗記ではありますが、最低限のオプションを装着してもそれなりの価格になってしまい、まして、エコカー減税を受けられない車種なので、どうしても価格は高くなってしまうのが残念です。