アストンマーティン、「2020年にフェラーリのライバルとなるミドシップ・スポーツカーを発表する」とパーマーCEOが明言

f:id:JakeKizuki:20170611191246j:plain
アストンマーティンは、そのラインアップを、ミッドシップのスポーツカーへと拡げようしているようです。
これはレッドブルと共同開発したハイパーカー、「ヴァルキリー」の話ではなく、もっと主力商品となるミドシップスーパーカーを生産するということらしく、フェラーリ「488」、ランボルギーニ「ウラカン」、マクラーレン「720S」に対抗するモデルを製造するということのようです。
アストンマーティンのアンディ・パーマーCEOが、イギリスの自動車メディアによるインタビューで将来的な生産プランについて語った際、新型ミドシップモデルのことも明確に述べているようです。
そのインタビューによると、新型ミッドシップカーはフェラーリ 488GTBのライバルとして、2020年に登場する予定とのこと。
これは、アストンマーティンが2030年まで毎年新型モデルを発表するという計画の一部で、2016年に発表された「DB11」に続いて、今年は新型「V8 ヴァンテージ」、2018年に「DB11 ヴォランテ」と新型「ヴァンキッシュ」、そして2019年に新型クロスオーバーの「DBX」がデビューする予定となっており、さらに2020年の新型ミドシップの後には、高級サルーンの「ラゴンダ1」と「ラゴンダ2」が続き、2023年に主力モデルのDB11が「DB12」へとモデルチェンジする。
パーマーCEOは、ミドシップ・スポーツカーに乗り出す理由について、いくつかの理由を述べています。
このセグメントではミドシップが主流と見なされつつあること、理想的な前後50:50の重量配分を実現するのが容易であること、そして価格面でヴァンキッシュとヴァルキリーの間を埋めるモデルが必要であるということ。
現在、アストンマーティンのフラッグシップ・モデルであるヴァンキッシュの価格は約3,000万円。これに対し、パーマーCEOによれば、ヴァルキリーは約3.6~4.3億円(250万~300万ポンド)という価格になるというから、確かに大きな開きがあります。
フロント・エンジンのヴァンキッシュは、フェラーリ「F12ベルリネッタ」が直接のライバルと見なされていることがおおく、一方のヴァルキリーは、フェラーリ「ラ フェラーリ」やケーニグセグ「アゲーラOne:1」に相当する性能になると見られているので、それよりも下のクラスの高性能スポーツを製造する可能性は大いにありそうです。