ランボルギーニのハイパープレミアムプランを使用するとウラカンRWDなら維持できそう

f:id:JakeKizuki:20170505195245p:plain

ハイパープレミアムプランの残価設定額が引き上げられたようで、また、金利についても下げられています。

これにより、残価設定額いっぱいまでの設定で頭金を1,000万円いれ、3年間(36回ローン)支払いでシミュレーションを行うと、月々の支払が70,000円という、一般的な車を買う場合の支払いくらいで3年間はオーナーになれるという事になります。

ほとんどオプションを装着せず、諸経費として150万円計上し、残価は1,525万円としています。これくらいであれば、車両保険やその他の費用を支払っても十分余裕をもって維持していけそうですね。

しかし、3年後にはどうするかという問題があり、再ローンを組むにしても、残価が高すぎるというのが問題。仮に、3年間のうちにローンを支払いながら、1,000万円貯めることができれば、また同じようなプランで新しい車に乗り換えることも可能ではないかと思います。

僕は、できればずっと所有することを考えて購入したいと思っているので、こういったプランを使うときは残価を低く設定して購入すると思いますが、常に新しい車に乗りたいと思う人にとっては非常に魅力的なプランだと思いますね。